GETTY

Photo: GETTY

ホールジーはフランク・オーシャンの”Solo”の感動的なカヴァー音源を公開している。

フランク・オーシャンの2016年の傑作アルバム『ブロンド』の中でも特筆すべき”Solo”はジェイムス・ブレイクと共同でプロデュースされており、ヴォーカルにはジャズミン・サリヴァンが参加をしている。

ホールジーは今回”Solo”のカヴァー音源を公開している。カヴァー音源は最近のツアー映像と合わせて公開されており、ホールジーはステージに戻りたいという思いを述べている。

「こうした瞬間の数々を見ると、ステージでの心地よいカオスが恋しくなるわ」とホールジーはツイートしている。「この前のツアーでは毎日ドレッシング・ルームで自分自身のためにこの曲を歌ったの。今でもその中にいるような気持ちでいっぱいにしてくれる。あなたたちとシェアしたいのよ。またすぐに会いましょう」

新作について2017年のアルバム『ホープレス・ファウンテン・キングダム』よりも「ラウド」なものになるだろうと先月語っていたホールジーだが、次のプロジェクトのリリース後すぐにツアーに戻ってくるかもしれないという。

「みんなが新しい音楽と新しい体験が欲しくてウズウズしているのは分かっているわ。友達とライヴやポップアップ・イベントのために旅行したり、グループ・チャットに深夜、ミュージック・ビデオのスクリーンショットを上げて新しい人と出会ったりね」とホールジーはツイートしている。「一緒に待っていてくれてありがとう。パーフェクトにしたいのよ」

一方、フランク・オーシャンは今年1月、『ブロンド』より少し前にリリースされた『エンドレス』について大多数のストリーミング・サーヴィスでも配信が開始されるだろうというメディアによる推測を否定している。現在『エンドレス』はデジタルではアップル・ミュージックでのみ視聴可能となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ