GETTY

Photo: GETTY

元ニュー・オーダーのベーシストであるピーター・フックはジョイ・ディヴィジョンのアルバム『アンノウン・プレジャーズ』と『クローサー』を全編演奏する特別な2公演を行うと発表している。

ジョイ・ディヴィジョンのメンバーとして4年間活動したピーター・フックは自身のバンド、ピーター・フック&ザ・ライトが2020年に活動10周年を迎えることを記念して、特別な2公演を来年行うことを発表している。

「アン・イヴニング・ウィズ・ピーター・フック&ザ・ライト − ジョイ・ディヴィジョン:ア・セレブレーション」と題された公演はジョイ・ディヴィジョンの2枚のアルバムが40周年を迎える企画の一環として行われる。『アンノウン・プレジャーズ』は今年6月に、『クローサー』は2020年7月に40周年を迎える。

ピーター・フックによるツイートはこちらから。

公演は2020年5月15日にロンドンのO2ブリクストン・アカデミーで、5月16日にマンチェスターのO2アポロにて行われる。両公演とも「オープニング・セットとしてニュー・オーダーの楽曲」が演奏されるという。

2公演の収益は共に今は亡きジョイ・ディヴィジョンのフロントマンであるイアン・カーティスに捧げられたチャリティ団体であるCALMとエピレプシー(てんかん)・ソサエティに寄付される。

ピーター・フック&ザ・ライトは、ニュー・オーダーのアルバム『テクニーク』と『リパブリック』を全編演奏するツアーを今年の9月に行うことも決定している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ