PRESS

Photo: PRESS

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンは音楽への向き合い方が変わったことを明かして、ドレイクやアリアナ・グランデらと競ってヒット曲を出す必要はないと思えるようになったと述べている。

ルイ・トムリンソンは2016年にワン・ダイレクションとしての活動を休止して以来、ソロとしての活動を行っており、これまでに“Miss You”や“Back To You”、スティーヴ・アオキとのコラボレーションとなる“Just Hold On”などのシングル曲をリリースしている。

一方で、ルイ・トムリンソンの最新シングルである“Two of Us”は彼のこれまでの楽曲の中でもパーソナルなものとなっており、2016年に白血病との闘病の末に亡くなった母親に捧げられている。また、ルイ・トムリンソンは現地時間3月13日に妹であるフェリシティ・トムリンソンも亡くしている。

ルイ・トムリンソンは今回、来たるソロ・アルバムに対する考え方を見直すようになったとして、現地時間4月22日に自身のソーシャル・メディアで今の音楽に対する心境を綴った長文のメッセージを公開している。

ルイ・トムリンソンは「言ってスッキリしたかったんだ」とキャプションに綴って、次のように述べている。「最近ある人から、人々は『終わり』ばかりに目を向けて、その過程を楽しもうとしていないという興味深い話を聞いたんだ」とルイ・トムリンソンは投稿を始めている。「それで、自分にとっての成功の意味をもっと考えるようになってね。これまでの3年間、僕はその意味を誤って理解していたような気がするんだ」

View this post on Instagram

Wanted to get this off my chest

Louis Tomlinsonさん(@louist91)がシェアした投稿 –

「僕はこれまでのキャリアを通じて、ポップ・ミュージックの王道しか知らなかった。期待も願望もその経験を通じてしか形成されてこなかったから、どれだけ現実に目を向けようとしたところで、『ヒット』するシングルを作ることにしか関心が向かなかったんだ」

「取り組んでいるアルバムに時間がかかっていたのはそれが理由で、ラジオのトップ40に入れることを目標にしていたんだ。本当は、特定の形式に当てはめようなんてことはせずに、自分が本当に好きなことに取り組むべきなんだと思う」

ルイ・トムリンソンは続けて、最近はファンに受け入れられることを目指すだけではなく、自分自身の嗜好も反映された音楽を作るべきだと思えるようになったことを明かしている。

「ここ数週間、もっと大きな視点からいろいろなことを考えるようにしてみたんだ。これまでの知識は忘れて、商業的な成功で定義されることをある程度は恐れずにやるべきじゃないかって思ったんだ」とルイ・トムリンソンは続けている。

「僕はドレイクやアリアナ・グランデと競うためにやっているんじゃない。僕は自分の好きな音楽を作って、ファンのみんなに僕のファンであることを誇りに思ってもらうためにやっているんだ。今日からは新しいスタートだよ」

「今日を楽しんで! そして、人生を楽しむんだ!」とルイ・トムリンソンは投稿を締めくくっている。「変化の途中で諦めてはいけないよ」

ルイ・トムリンソンは先日、妹を亡くしてから初となったツイートでファンへの感謝を示している。

ルイ・トムリンソンは次のようにツイートしている。「今までの数週間に、みんながくれた優しい言葉に感謝を伝えたかったんだ。今日スタジオに戻って、数ヶ月前に書いた曲のヴォーカルを録り始めたんだ。みんなにたくさんの愛を送るよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ