GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは来週のコーチェラ・フェスティバルで行われるサンデー・サービスのパフォーマンスがYouTubeで中継されることが決定している。

カニエ・ウェストはコーチェラ・フェスティバルの2週目に新たなライヴ・セッションで出演することが発表されており、このパフォーマンスは彼の名曲をゴスペル・スタイルで披露するという。

サンデー・サービスは現地時間4月21日の午前9時にコーチェラ・フェスティバルのキャンプサイトである「ザ・マウンテン」で行われるという。

コーチェラ・フェスティバルは2週目のストリーミングについて「フェスティバルの体験を深く掘り下げるもので、一連のオリジナルのコンテンツをファンに届けるものになる」としている。ここではライヴ・パフォーマンスのほか、アーティストのコメント、ミニ・ドキュメンタリーなどが配信されるという。

1週目のコーチェラ・フェスティバルは現地時間4月14日にアリアナ・グランデやサッカー・マミー、プシャ・T、ケイトラナダ、チャーチズ、リゾらのパフォーマンスによって締めくくられている。

カニエ・ウェストについては今年のコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーの第1候補だったものの、あまりにステージ・プランが壮大なものだったため受け入れられることがなく、出演が取り止めになったと報じられている。

カニエ・ウェストは今年1月からサンデー・サービスのパフォーマンスを始めており、最初のパフォーマンスでは“Ghost Town”、“Father Stretch My Hands”、“Heard ‘Em Say”、“Reborn”といった曲を演奏している。これまでにこのセッションにはオーランド・ブルームとケイティ・ペリー、キッド・カディ、ディプロといった有名人が訪れている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ