GETTY

Photo: GETTY

ザ・ラカンターズはバンドキャンプにサード・マン・レコーズのページが開設されたことを記念してドノヴァンの“Hey Gyp (Dig the Slowness)”をカヴァーした音源が公開されている。

ジャック・ホワイトによって設立されたサード・マン・レコーズは今回、バンドキャンプにレーベルの公式アカウントが開設されている。バンドキャンプは、レーベルやバンド、アーティストが自由に価格を設定して音楽を販売したり、無料で音楽を公開したりできるサイトとなっている。

サード・マン・レコーズによるアカウントの開設はバンドキャンプの公式サイトで発表されており、レーベルのページでは既にいくつかの作品が様々なフォーマットで販売されている。「ナッシュヴィルを拠点とした彼らの幅広いラインナップにまだ追いつけていないという方々にとっては、今がまさにチャンスです」とバンドキャンプによる投稿には記されている。「オルタナティヴなカントリー(マーゴ・プライスの『オール・アメリカン・メイド』やクレイグ・ブラウン・バンドの『ザ・ラッキー・ワン・フォーゲッツ』)や批評的な成功を収めたストーナー・メタル(スリープの『ザ・サイエンシズ』)から、ハードコアなパンク(ザ・ストゥールズの『ホエン・アイ・レフト』)に至るまで、あらゆる人々に適したものがそこにはあります」

ザ・ラカンターズはサード・マン・レコーズによるアカウントの開設を祝してドノヴァンの1965年の楽曲“Hey Gyp (Dig the Slowness)”のカヴァーを公開している。

ザ・ラカンターズによる“Hey Gyp (Dig the Slowness)”のカヴァー音源はこちらから。

バンドキャンプに開設されたサード・マン・レコーズのページはこちらから。

https://thirdmanrecords.bandcamp.com/music

ジャック・ホワイト、ブランダン・ベンソン、ジャック・ローレンス、パトリック・キーラーによるザ・ラカンターズは6月21日に通算3作目となる新作『ヘルプ・アス・ストレンジャー』をリリースする予定となっている。ニュー・アルバムは2008年発表の『コンソーラーズ・オブ・ザ・ロンリー』以来の新作となっている。“Hey Gyp (Dig the Slowness)”も本作に収録される。

ザ・ラカンターズは先日、ナッシュヴィルで開催されたサード・マン・レコーズの10周年ライヴでライヴへの復帰を果たしているほか、来月からはヨーロッパ・ツアーをスタートさせる予定となっている。

ザ・ラカンターズは今月、来日公演を行うことも決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

4月24日(水)マイナビBLITZ赤坂
Open18:00/Start19:00
TICKET:¥9,800(1F スタンディング 2F 指定席/ドリンク代別途)

4月25日(木)マイナビBLITZ赤坂
Open18:00/Start19:00
TICKET:¥9,800(1F スタンディング 2F 指定席/ドリンク代別途)

チケット一般発売中。

更なる公演の詳細は以下のサイトでご確認ください。

https://smash-jpn.com/live/?id=3130

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ