GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュの元妻であるペルラ・フェラーは14年間の結婚生活にまつわる品々をオークションに出品することが明らかになっている。

スラッシュとペルラ・フェラーは2001年に結婚して、2014年から離婚調停を続けた末に昨年の9月にようやく合意に至っている。

オークションにはスラッシュやペルラ・フェラーが個人的に所有していた様々な品々が出品されるとのことで、スラッシュがまだ駆け出しのミュージシャンとしてハリウッドのサンセット・ストリップに出演していた1980年代の初頭から、ハリウッド・ヒルズでロックスターとして煌びやかな生活を送れるまでになった1990年代後半にかけてまでの期間にまつわる品々も出品されるという。

オークションに出品されるスラッシュの貴重なアイテムとしては、彼がプライベートや仕事で使用していたワードローブや、「クールなグラフィック」がデザインされたTシャツの数々、レザー・ベルト、受賞した音楽賞のトロフィー、アメリカ・レコード協会によるゴールド・ディスク、自宅に置いていたユニークなゴシック・デザインの家具、彼のキャリアに関連したアートワーク、膨大なコレクションの一つだったシルクハット、著名な友人たちによるメッセージ入りの書籍、彼が何年も保管してきたガンズ・アンド・ローゼズのコレクターズ・アイテムなどが出品されるという。

オークションは現地時間5月17日・18日にニューヨークのハード・ロック・カフェとオンラインで開催される。

スラッシュとペルラ・フェラーは2018年9月に離婚調停が成立している。

「TMZ」が入手した文書によれば、スラッシュはペルラ・ハドソンに慰謝料として660万ドル(7億3,700万円)を支払うほか、扶養費として月々10万ドル(約1100万円)を、養育費として月々3万9,000ドル(約430万円)を支払うことで合意したという。

スラッシュのギターを初めとしたあらゆる音楽機器の所有権は彼に残されているほか、2011年製のフォードF-150やビバリーヒルズの邸宅は彼が所有し、今後の収益の所有権も彼にあるという。一方で、ペルラ・フェラーはロサンゼルスにある邸宅のほか、2014年製のレンジローバー、2015年製のメルセデスAMG、2015年製のメルセデスGL450を所有するという。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ