GETTY

Photo: GETTY

エイプリル・フールの冗談に聴こえるかもしれないが、科学者はスクリレックスの音楽が蚊を追い払うのに有効かもしれないと述べている。

アクタ・トロピカで発表された最近の研究によれば、スクリレックスの2010年発表の楽曲“Scary Monsters And Nice Sprites”を黄熱病蚊にかけた時の効果を調査したという。

研究チームは次のように説明している。「サウンドとそれを受容することは多くの動物にとって交配や生存、個体の数の状態に致命的な影響を及ぼします」

「虫にとって低周波振動は交配活動を促進するものの、ノイズが同種間や宿主との信号のやりとりを阻害するのです」

“Scary Monsters And Nice Sprites”は急激な高音と低音のミクスチャーとなっていて、それによって科学者にEDMが虫を追い払うのに効果があるかを見る曲として選ばれている。

それによれば、科学者はメスの成虫の蚊が曲に「魅了」されるのを発見したことで、曲をかけていない蚊よりも人間を刺すのが少ないことがあるという。

また曲をかけられた蚊は曲をかけてない蚊は「交配活動がずっと少ない」ことも発見されたとしている。

科学者は次のように説明している。「こうした音楽は宿主への攻撃を遅らせ、血液を吸うのを減らし、交配を阻害するという観察結果は音楽をベースにした個人の保護の発達の新しい方法や蚊を媒介とした病気に対する手段をコントロールする方法を提供してくれます」

黄熱病蚊はよく熱帯地方で見つかり、ジカウイルスのような死に至る病気を広げることで知られている。

この研究に対して現時点でスクリレックスはコメントしていない。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ