GETTY

Photo: GETTY

ザ・スペシャルズの結成メンバーであるネヴィル・ステイプルは刺殺で亡くなった孫に捧げたシングル“Put Away Your Knives”がリリースされている。

ネヴィル・ステイプルの娘のメラニーの息子であるフィデル・グラスゴーは昨年の9月にコベントリーで刺殺で亡くなっている。

“Put Away Your Knives”はザ・スペシャルズの代表曲である“A Message to You Rudy”をリメイクしたもので、フィデル・グラスゴーや「暴力犯罪の被害に遭ったすべての人」に捧げた楽曲となっている。

ネヴィル・ステイプルはBBCに対して“Put Away Your Knives”について刺殺で家族を亡くした人々が抱える「痛みや怒り」を歌った楽曲であると説明している。

「統制を取り戻して、若者たちに善悪の区別や自分たちの行動がどんな結果をもたらすのかを教育すべき時だと思ったんだ」とネヴィル・ステイプルは語っている。

“Put Away Your Knives”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Put Away Your Knives”にはネヴィル・ステイプルの妻であるクリスティも参加している。

「今では命が軽視されてしまっていて、それが世間の標準になっているの」と彼女は語っている。「歌詞では、武器を置いて、自分が何をしているのか考えてみなさいっていうことが歌われているわ。子供たちは私たちの計画通りに育っているのかもしれないけど、彼らは誰を手本にしていけばいいの?」

「刃物を持って歩いている人がいたら、その人は誰かを切りつけたことがあるのかもしれない。それでどんなことになるのか、改めて考えてみる必要があるわ」

フィデル・グラスゴーが亡くなった事件に関連して、1人が暴行と強盗の容疑で現在拘留されているものの、今日までに殺人容疑で逮捕された容疑者はいない。

事件については現在24歳のアティク・ディアロが暴行と強盗の容疑で逮捕されており、彼は容疑を認めている。

事件当時、ネヴィル・ステイプルは次のようにコメントしている。「美しい娘のメラニーや妻のクリスティ・シュガリーを初め、自分も含め家族全員がこの悲劇に今もショックを受けています。皆さんから届く優しさやメッセージに感謝しています」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ