Eliot Lee Hazel

Photo: Eliot Lee Hazel

ヤー・ヤー・ヤーズのカレンOとデンジャー・マウスはスパイク・ジョーンズが監督を務めたパフォーマンス映像が公開されている。

カレンOとデンジャー・マウスは今月、ジョイント・アルバム『ラックス・プリマ』をリリースしている。

映像はアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」のために収録されたもので、アルバムから“Woman”を披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

https://www.youtube.com/watch?v=b5GvHBASyao

カレンOとスパイク・ジョーンズはかつて交際していたことで知られている。

カレンOはデンジャー・マウスとの新作について次のように語っている。「20年以上にわたる音楽活動を経て、デンジャー・マウスと一緒にこのアルバムに取り掛かり始めた時に確信していたことがいくつかあってね。一つは、彼とのコラボレーションが純粋に素晴らしいものになるということ。もう一つは、人生を経験すればするほどに、物事が分からなくなってくるということよ」

「不明瞭な場所から何かを作り出す時には、これまでに行ったことがないような場所まで行くことができるの。2人とも遠く離れた場所に到達できることに興奮していたわ」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ