PRESS

Photo: PRESS

アヴリル・ラヴィーンは現地時間3月17日に行われたジュノー賞の授賞式でファン・チョイス賞を受賞し、ショーン・メンデスが各部門で独占するのを阻止している。

ショーン・メンデスは年間最優秀アーティスト賞、年間最優秀ソングライター賞、セルフタイトル・アルバム『ショーン・メンデス』で年間最優秀アルバム賞と年間最優秀ポップ・アルバム賞、シングル”In My Blood”で年間最優秀シングル賞を受賞している。彼はまたファン・チョイス賞にもノミネートされていたが、同賞はアヴリル・ラヴィーンが受賞している。

受賞にもかかわらず、アヴリル・ラヴィーンとショーン・メンデスはともに授賞式に出席していない。ショーン・メンデスは現在ヨーロッパ・ツアーの真っ最中であり、アヴリル・ラヴィーンはアブダビで先日行われた「2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会」の開会式セレモニーでルイス・フォンシとともにパフォーマンスを披露している。アヴリル・ラヴィーンは今月、プロモーションで来日することも決定している。

また、カナダのオンタリオ州で開催されたジュノー賞の授賞式では、ポスト・マローンが『ビアボングズ&ベントレーズ』で年間最優秀インターナショナル・アルバム賞を受賞して、アーケルズが年間最優秀グループ賞と年間最優秀ロック・アルバム賞を受賞している。

さらに、受賞式では、1980年代に成功を収めテレビで20年以上もパフォーマンスを披露していなかったコリー・ハートがカナダの音楽の殿堂入りを果たしている。

コリー・ハートはポール・ヤングとの共演による来日公演が7月に決定している。

今回の来日公演は“Can’t Help Falling In Love”、“Sunglasses at Night”、“Never Surrender”といったヒット曲で知られるコリー・ハートと“Everytime You Go Away”、“Wherever I Lay My Hat (That’s My Home)”、“Love of the Common People”といったヒット曲で知られるポール・ヤングが世界で初めて共演するステージとなる。

来日公演に向けてコリー・ハートは以下のメッセージを寄せている。「こんにちは。お元気ですか? コリー・ハートです。この度、私の良き友人であるポール・ヤングと一緒に日本でツアーをすることが決まりました。7月2日、東京Bunkamuraオーチャードホール、7月3日、NHK大阪ホールです。皆様に会えるのを楽しみにしています。音楽的にも素敵なサプライズを準備しています。日本のファンがとても恋しいです。では、会場でお会いしましょう!」

来日公演の詳細は以下の通り。

7月2日(火)Bunkamuraオーチャードホール
開場18:00 / 開演19:00(予定)
料金(全席指定・税込):S席¥12,500、A席¥11,500

7月3日(水)NHK大阪ホール
開場18:00 / 開演19:00(予定)
料金(全席指定・税込):S席¥12,500、A席¥11,500

チケットぴあ最速先行受付(抽選)
受付日時:3/15(金)10:00~3/24(日)23:59
受付電話番号:0570-00-9916
受付URL:http://w.pia.jp/t/youngathart/

更なる公演の詳細は以下のサイトでご確認ください。

http://www.youngathart-japantour.com/

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ