GETTY

Photo: GETTY

モトリー・クルーのベーシストであるニッキー・シックスはドラッグの過剰摂取がありながらも自身が生き残った理由について語っている。

モトリー・クルーは2001年に刊行された自伝『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』を原作とする映像作品『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』は3月22日より配信されることが決定している。ニッキー・シックスは1987にヘロインの過剰摂取により心停止を起こし、生死をさまよっている。

衛生ラジオ局「シリウスXM」でラリー・フリックによるインタヴューに応えたニッキー・シックスはどうして自分が死を「免れた」と思うかについて語っている。

「新年の目標みたいな感じのリストを作ったんだよ。その一つは「目的」と呼ばれ、もう一つは「創造性」と呼ばれている」と彼は語っている。「リストのトップには変化すること、と書いたんだ」

ニッキー・シックスは次のように続けている。「自分の幼い頃のことについて、あまり知らないんだ。今、そういったことに焦点を当てた本の執筆に励んでいる。僕の多くの態度や多くの出来事は、人生最初の7年間に起こったことに由来しているのさ。この作業は本当に辛いけど、同時にワクワクさせられるよ。夢中になっている。だけど、僕の目的と言ったら、変化することなんだと思うね」

「僕が育った環境は本当に最悪だったんだ。そして、それを毎日対処しているんだよ」と彼は語っている。「多くのロック・スターが車に費やすより多額の金を、僕はセラピーにつぎ込んでいる。僕は心から変わりたいと思ったし、成長して良い人間になりたいんだよ。というのも、子どもにとって必要な存在だからね。それこそ本当に大事なことなんだよ」

「僕は自分の怒りを克服しようとしているけど、それは失望とか、母に対する後悔に転じるんだよね。父のことは許しているよ。でも、今、本の執筆に励み、叔母と話したりしている中で、僕が生後3週間の間に一度も抱かれていないことなんかがわかったんだ。泣きそうだよ。『わぁ、ロック・スターが泣くだって?』っていう人がいるかもしれないけどさ、えっと、そうなんだよ、そういったことを聞くのはつらいんだ。だから、僕は怒っていないよ。向き合っているだけだ。おそらく、全ての楽曲で、これについて歌うことになるだろうね」

モトリー・クルーの伝記映像作品『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』はサウンドトラックも3月22日に公開され、モトリー・クルーのヒット曲に加え、新曲3曲とマドンナの “Like A Virgin”のカヴァーが収録されることが明らかになっている。先日、新曲のうちの1曲、マシン・ガン・ケリーとのコラボ曲“The Dirt (Est.1981)”がリリースされている。

“The Dirt (Est.1981)”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ