Stephanie Pistel / PRESS

Photo: Stephanie Pistel / PRESS

デュラン・デュランのサイモン・ル・ボンとジョン・テイラーは今月行われるロックの殿堂入りの式典でロキシー・ミュージックの紹介役を務めることが明らかになっている。

セックス・ピストルズの元ギタリスト、スティーヴ・ジョーンズがMCを務めるラジオ番組「ジョンジーズ・ジュークボックス」に出演したジョン・テイラーは、ロキシー・ミュージックの紹介役を自分たちが務めることを明かしている。

「サイモンと僕が担当することになると思うんだけど、信じられないよ」とジョン・テイラーは語り、1972年にテレビで“Virginia Plain”を観た時のことを振り返っている。「彼らをテレビで見たのを覚えているよ。今までまったく見たことがないような感じだったじゃない?」

ジョン・テイラーはロキシー・ミュージックについて「圧倒的だった」として、「宇宙からやってきたんじゃないかと思ったよ」とそのパフォーマンスを振り返っている。

「ジョンジーズ・ジュークボックス」のインタヴュー映像はこちらから。

34回目となる今年のロックの殿堂入りの式典は3月29日にブルックリンのバークレイズ・センターで開催される。

今年はロキシー・ミュージックのほかにレディオヘッドやジャネット・ジャクソン、ザ・キュアー、スティーヴィー・ニックス、デフ・レパード、ザ・ゾンビーズがロックの殿堂入りを果たすことが決定している。

ロックの殿堂の候補となる資格については初めての商業的音源のリリースから25年が経過したアーティストとなっている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ