GETTY

Photo: GETTY

プロディジーのキース・フリントが亡くなったと報じられている。享年49歳だった。

『ザ・サン』紙によれば、現地時間3月4日にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されたという。

「3月4日月曜日、午前8時10分を回ったところで、ノース・エンドのブルック・ヒルの住所に住む男性の様子を確認するよう呼ばれました」とエセックス警察のスポークスパーソンは『NME』に語っている。「訪ねたところ、残念ながら49歳の男性の死亡が現場で宣告されました。彼の近親者には知らせてあります」

「死は事件性のないものとして扱われており、検視のための書類が準備される予定です」

イースト・オブ・イングランド・アンビュランスのスポークスパーソンは次のように語っている。「私たちは午前8時8分、ブルック・ヒルのダンモウで意識不明の男性がいるとの報を受けました」

「私たちは救急の慈善団体エセックス・アンド・ハーツ・エア・アンビュランスを派遣し、さらにもう1台救急車を派遣しました。しかし残念ながら40代の男性はすでに現場で息を引きとっていました」

1969年9月17日に生まれたキース・フリントは1990年にザ・プロディジーに参加している。その後、1992年発表のデビュー・アルバム『エクスペリエンス』と全英1位を獲得した1994年発表の『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』によるジャンルを融合させたダークな歌詞による先駆者的アプローチで名声を獲得した。1000万枚上のセールスを上げた1997年発表の『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』からのシングル“Firestarter”や“Breathe”ではキース・フリントがヴォーカルを担当している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ