GETTY

Photo: GETTY

クリス・コーネルはオフィシャル・インスタグラムで彼が2017年に妻のヴィッキー・コーネルへ宛てて書いた最後のヴァレンタイン・デー・メッセージが公開されている。

公開されたメッセージには次のように綴られている。「真実の愛を知ることができた幸運さに導かれて震える手で書いているよ。僕の心臓はビートを刻むドラムで、僕の声は世界に鳴り響くベルなんだ。愛しているよ。大きくなっていく光り輝く愛によってのみ輝く喜びのなかで、君は僕のものになってほしい」

ヴィッキー・コーネルはこのメッセージについて次のように綴っている。「私の心はあなたに永遠に奪われたままよ。あなたが人生にもたらしてくれた光、魂を深く動かしてくれた恵みに、終わることのない感謝の念を抱いています。私の思い出は2人の思い出ばかり。私はこれからもあなたの囁きを聞き続ける。あなたは『どこへも行かない』わ。毎日毎日、ますますあなたのことを愛しているわ」

ヴィッキー・コーネルはグラミー賞について次のように綴っている。「素晴らしいけれど、ほろ苦い日だったわ……クリスの美しい曲を世界に共有できたことは本当に喜ばしかった。彼の声と芸術が永遠になるのを見ることができた。グラミー賞の最優秀ロック・パフォーマンス賞を獲得できたことには、ものすごく感謝しているわ。彼もきっと誇らしいはずよ。とても誇らしいし、光栄だわ。ありがとう@recordingacademy! そして、絶え間ない愛と支援をくださったファンの皆さんに感謝します。あなたたちなしでは成しえなかったわ! #whenbaddoesgood #grammys #chriscornell」

クリス・コーネルについてはブラッド・ピットが映画監督のピーター・バーグと共に新たなドキュメンタリー作品に取り組んでいることが報じられている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ