ARPAD HORVATH/NME

Photo: ARPAD HORVATH/NME

ホット・チップがブルース・スプリングスティーンの“Dancing In The Dark’”のカヴァー・ビデオを公開している。

ビデオは80年代のテレビ番組とライヴ映像を繋ぎ合わせたものになっている。デヴィッド・バーンがカメオ出演をしており、LCDサウンドシステムの“All My Friends”が5分あたりの箇所で付け加えられている。

ホット・チップは10月23日に4曲入りの『ダンシング・イン・ザ・ダーク』EPをリリースする。ブルース・スプリングスティーンのカヴァーのほか、“Cry For You”の新ヴァージョン、最新シングル“Huarache Lights”のソウルワックスとアジャステッドによるリミックスが収録される。

“Dancing In The Dark’”のビデオはこちらから。

ホット・チップは最新作『ホワイ・メイク・センス?』を今年5月にリリースしている。

『NME』へのインタヴューのなかで、ヴォーカリストのジョー・ゴッダードは、バンドメンバーとの作業の面白さについて語っている。

「(バンドの未来について)疑いをかけようと思ったこともないんだよね」と語り、冗談めかしてこう話している。「だけども、ホット・チップ以外で巨大なメガ・ヒットが出たら、はっきりとバンドを脱退して、そっちを追求するのかもね」

ホット・チップは現在UKツアーを行っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ