Twentieth Century Fox/REX

Photo: Twentieth Century Fox/REX

映画『ボヘミアン・ラプソディ』で主役を務めたラミ・マレックは、フレディ・マーキュリーがクイーンの歴史上最も有名なパフォーマンスとなったライヴ・エイドへの出演を説得された際の逸話を明かしている。

現地時間2月10日に行われた英国アカデミー賞で主演俳優賞を受賞したラミ・マレックは、レッドカーペットでエディス・ボウマンとダーモット・オレアリーのインタヴューに応じて、授賞式の前日にボブ・ゲルドフと交わした会話を明かしている。

1985年に開催されたライヴ・エイドのコンサートを主催したボブ・ゲルドフだが、ラミ・マレックによれば、彼はクイーンに出演してもらうために最後の手段としてフレディ・マーキュリーに直接電話して説得したのだという。

「これを話したらボブ・ゲルドフが怒るかもしれないけど、昨日の夜に彼と会って話をする機会があったんだ。その時に彼が教えてくれたんだけど、彼はフレディに電話して、『フレディ。クイーンのため、そして君のために作られた特別なイベントがあるんだ』っていうことを話したらしいんだ」

「『オーディエンスはフレディのために用意されるんだ』っていうことを話したら、フレディは『どういう意味だい?』と訊いたらしいんだ。『つまり、全世界ということだよ』とボブが言うと、フレディは『言いたいことは分かったよ』ってなったみたいなんだ」

ラミ・マレックは数々の映画賞で賞を受賞しており、現地時間2月24日に発表されるアメリカのアカデミー賞でも主演男優賞にノミネートされている。

ラミ・マレックは英国アカデミー賞の受賞スピーチで、フレディ・マーキュリーについて「最も偉大なアウトサイダー」だと賛辞を送っている。

「すべてにおいて揺るがず、断固として妥協することのなかったフレディ・マーキュリーに改めて感謝します」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ