Danny North

Photo: Danny North

フォンテインズD.C.はデビュー・アルバム『ドグレル』のリリースを発表してアルバムよりリード・シングル“Big”が公開されている。

ダブリン出身のフォンテインズD.C.は『NME』が選ぶ2019年に注目すべき新人の100人のリストにも選ばれており、デビュー・アルバム『ドグレル』は4月12日にリリースされることが発表されている。

公式のプレスリリースでは『ドグレル』について「1枚を通して最高に楽しめるデビュー作だ。彼らが昔ながらのバンドの典型に当てはまるようなバンドであるのと同様に、芸術としての昔ながらのアルバムの伝統を踏襲したものになっている。自らの仕事に対する不屈の姿勢で生み出された、立ち止まり続けることへの反発を歌ったシングル群が収められている」と説明されている。

アルバムのトラックリストとアートワークはこちらから。

1. ‘Big’
2. ‘Sha Sha Sha’
3. ‘Too Real’
4. ‘Television Screen’
5. ‘Hurricane Laughter’
6. ‘Roy’s Tune’
7. ‘The Lotts’
8. ‘Chequeless Reckless’
9. ‘Liberty Belle’
10.’ Boys In The Better Land’
11. ‘Dublin City Sky’

デビュー作からはリード・シングルとなる新曲“Big”も公開されている。“Big”はミュージック・ビデオと共に公開されており、ミュージック・ビデオは少年がダブリンの街を反抗的に歩くという映像になっている。

「僕たちが一番伝えたいのは、いかに病んでいるかっていうことなんじゃないかって思ったんだ。それで、(シンガーの)グリアンの近所に住んでいる11歳の少年にそれを伝えてもらうことにしたんだよ。彼にはフロントマン100人分の存在感があるからね」とバンドは述べている。

『ドグレル』には昨年に公開されていたシングル“Too Real”も収録される。

フロントマンのグリアン・チャッテンは昨年、『NME』とのインタヴューの中で音楽に真実を反映させることの重要性について次のように語っている。

「世界はいまだかつてなかったような混乱に陥っているんだ」と彼は語っている。

「これまでよりも状況は混沌としている。メディアや誰かの話す物語はすっかり信用性を失ってしまっているんだ。信じられるものなんて何一つないなかで、僕らは自らの手で真実を作り出さなければいけないんだよ。ある意味では、(現代のギター・ミュージックで歌われている)怒りのほとんどが混乱した状況に向けられていると思うんだ」

フォンテインズD.C.はロンドンのザ・フォーラム公演を含むUKツアーを行うことも発表されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ