GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、ジョージ・エズラ、ビッフィ・クライロが2019年のワイト島フェスティバルのヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

2018年に50周年を迎えた今年のワイト島フェスティバルは6月13日から16日にかけて開催される。

ワイト島フェスティバルは現地時間1月23日に3組のヘッドライナーと第1弾のラインナップが発表されており、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが6月14日の、ジョージ・エズラが15日の、ビッフィ・クライロが16日のヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

ジョージ・エズラがUKの主要なフェスティバルでヘッドライナーを務めるのは今回が初めてとなっているほか、ノエル・ギャラガーがワイト島フェスティバルに出演するのは2012年以来となっている。

最終日となる日曜日のヘッドライナーを務めることについてビッフィ・クライロは声明で次のように述べている。「再びワイト島フェスティバルのヘッドライナーを務められることを嬉しく思っているよ。美しいものになる。悪魔を讃えよ!」

発表された他のラインナップとして、ワイト島フェスティバルへの出演は初めてとなるファットボーイ・スリムが土曜日のジョージ・エズラの一つ前のスロットに出演することも発表されている。3日間のフェスティバルには他に、ザ・コーティナーズやリチャード・アシュクロフト、リリー・アレン、アイドルズ、バスティル、シグリッドらが出演することが発表されているほか、今後も追加で出演者が発表される。

今回発表されたラインナップはこちらから。

https://twitter.com/IsleOfWightFest/status/1087986117629095936

ワイト島フェスティバルのチケットは現地時間1月25日の午前9時より発売される。

ジョージ・エズラは先日、セカンド・アルバム『ステイング・アット・タマラズ』が2018年に最も売れたアルバムの1枚だったことが明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ