Nick Wilson

Photo: Nick Wilson

ニュー・オーダーは2019年のブルー・マンデーに際して動画を公開している。

イギリスでは2005年以降、テレビ・チャンネル「スカイ・トラベル」によって1月のある月曜日を1年で最も憂鬱な月曜日としてブルー・マンデーと呼ぶことが定着している。この月曜日はクリフ・アーナルによって提唱された数式で決められるもので、今年は1月21日となっていた。

それを受けてニュー・オーダーは“Blue Monday (21/01/2019)”と題した動画を公開している。

一方、ニュー・オーダーはデペッシュ・モードらと共にジョン・ケージの“4分33秒”をカヴァーする作品のリリースが決定している。

これはミュートのレーベル設立40周年企画「MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ」のメイン・プロジェクト『STUMM433』としてリリースされるもので、レーベル第一弾アーティストのザ・ノーマルから、ニュー・オーダー、デペッシュ・モード、そして最新アーティストのカーリーンに至るまで、レーベルを彩った過去・現在・未来の50組以上のアーティストがこのプロジェクトに作品を提供するという。

レーベル創始者のダニエル・ミラーはこのプロジェクトに関して次のように語っている。「ジョン・ケージの“4分33秒”は自分の音楽人生の中で長い間、重要で刺激を受けた楽曲としてずっと存在していたんだ。ミュートのアーティスト達がこの曲を独自の解釈でそれぞれやったらどうなんだろう?というアイデアは、実はサイモン・フィッシャー・ターナーと話してるときに浮かんだんだよ。私は即座に、これをミュートのレーベル40周年を記念する『MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW』シリーズ”でやったら完璧じゃないか、と思ったんだよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ