GETTY

Photo: GETTY

ブリンク182はザ・チェインスモーカーズと新曲をレコーディングしたことが1月16日に明らかになっている。

ザ・チェインスモーカーズはソーシャル・メディアでブリンク182とレコーディングしたことを報告して、「もう思い残すことはない」と綴っている。

ザ・チェインスモーカーズはツイッターに次のように綴っている。「ブリンク182とセッションして、素晴らしい曲を作ったんだ。今、死んでもいいくらい幸せだよ」

ブリンク182もスタジオでレコーディングをしている写真をインスタグラムに投稿して新曲のリリースを予告している。

ブリンク182のマット・スキバは、マーク・ホッパスと共にヴォーカル・ブースにいるところを収めた写真をインスタグラムで公開している。この写真には「#パブロ・ハニー」というハッシュタグが付けられており、レディオヘッドとの関連が示唆されている。

マット・スキバはインスタグラムに次のように綴っている。「今日は兄弟のマーク・ホッパスと仕事をして、素晴らしい一日だったよ。写真はロバート・ノイズ。#音楽を作りたい気分 #パブロ・ハニー」

View this post on Instagram

Writing wrongs… #chainsmokers ✨

Skiba, Matthew T.さん(@matttskiba)がシェアした投稿 –

ブリンク182とザ・チェインスモーカーズによるコラボレーションに対し、ファンはソーシャル・メディアで賛否両論の反応を示している。マーク・ホッパスはその後、ツイッターでザ・チェインスモーカーズとのコラボレーションについて次のように説明している。「彼らとは数年前からの友人で、これまでも何度かコラボレーションを試みたことがあったんだ。今になってようやくお互いのスケジュールが合って、一緒にスタジオに入ることができたんだよ」

ブリンク182のドラマーであるトラヴィス・バーカーは昨年、現在は脱退しているトム・デロングの顔写真を投稿するという謎めいたツイートをして、トム・デロングの復帰の噂が囁かれることとなっている。トラヴィス・バーカーはトム・デロングの写真に、バンドの2004年の楽曲である“I Miss You”の歌詞を引用して「君はどこにいるんだい?」というキャプションを付けて投稿している。

トム・デロングはトラヴィス・バーカーのツイートに同じく“I Miss You”の歌詞で返答して、「僕は君の中で話しかけているんだよ」と返信しており、2015年にブリンク182を脱退したトム・デロングがバンドに復帰するのではないかという噂が巻き起こっている。

しかしながら、その後、トム・デロングとトラヴィス・バーカーによるやり取りは彼の復帰を示唆するものではなく、親しい友人同士によるやり取りでしかなかったことが報じられている。「トラヴィスとトムはからかい合っていたに過ぎず、ファンを勘違いさせるつもりはなかったようだが、結果として自分たちの素直なファンたちをしばらく騙すことになってしまった」と「TMZ」は報じている。

一方、ザ・チェインスモーカーズは先日、ビーチ・ハウスを聴くことについて歌った、彼らにちなんで名付けられた楽曲“Beach House”をリリースしている。

ザ・チェインスモーカーズは同曲のリリースに際して次のように語っている。「この曲はすごく気に入っているんだ。自らのルーツに立ち返って、クラシックな昔のチェインスモーカーズの雰囲気を出したいと思っていてね。それで、ビーチ・ハウスを何度も聴いていたんだ」

アレックス・ポールとドリュー・タガートからなるザ・チェインスモーカーズは以前、自分たちの楽曲の中でブリンク182に言及している。ホールジーが参加した“Closer”には次のような歌詞が含まれている。「ここに来て、ブリンク182の曲をかけてよ/ツーソンでとことん聴いてた曲を。いいでしょ」

ザ・チェインスモーカーズは2019年のサマーソニックでヘッドライナーを務めることが本日発表されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ