GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズは、初のソロ・アルバム『トーク・イズ・チープ』の30周年記念盤が3月29日にリリースされることが決定している。

『トーク・イズ・チープ』は、キース・リチャーズが1986年にドラマーのスティーヴ・ジョーダンと共にチャック・ベリーの映画『ヘイル!ヘイル!ロックンロール』に取り組んでいる際に、その後ギタリストのワディ・ワクテル、ベースのチャーリー・ドレイトン、そしてキーボードのアイヴァン・ネヴィルを迎えて制作されている。

アルバムにはブーツィ・コリンズやメイシオ・パーカー、バーニー・ウォーレル、メンフィス・ホーンズといったファンク畑のアーティストや、元ザ・ローリング・ストーンズのメンバーでもあるミック・テイラー、そしてサラ・ダッシュもゲスト参加している。

30周年記念盤はスティーヴ・ジョーダンの手によりオリジナル・テープからリマスタリングが行われており、6曲の未発表音源を収録したボーナス・ディスク付2枚組デラックス・エディション、最新リマスタリング音源を収録した1CDとアナログ盤、そして、2枚のCDと、オリジナル・アルバムとボーナス・トラックをそれぞれ収録した2LPに加え、2枚の7インチ・シングルと80ページにも及ぶ豪華ハードカヴァー・ブックやメモラビアを封入した限定盤デラックス・ボックス・セットという複数形態でリリースされる。

6曲の未発表音源はエディ・テイラーの“Big Town Playboy”や“Blues Jam”、“Slim”、そして、ジミー・リードのカヴァー“My Babe”といった、ピアニストのジョニー・ジョンソンが参加した楽曲が収録されている。

未発表音源からは“My Babe”の音源が公開されている。

今回のリマスター盤に関してキース・リチャーズは次のようにコメントしている。「このアルバムが完成した日と同じくらいに新鮮なものになってるぜ! このアルバムは寿命が長いよ。今でもずっと聴いてるけど、ノスタルジックな感じは全然しないよ。そんな風には全然聴こえないんだ。単純にパーツをくみ上げていった以上のものがここにはある。本当にすごいと思うぜ、俺たちは実際に楽しんでいたし、その感覚を君たちも聴き取ることができるのさ」

限定盤デラックス・ボックス・セットの詳細は以下の通り。

キース・リチャーズ
TALK IS CHEAP (LIMITED EDITION DELUXE BOX SET)※輸入盤
品番:5053.846980
発売日:2019/03/29
収録内容:
最新リマスター音源を収録したCD
6曲の未発表音源を収録したボーナスCD
最新リマスター音源を収録した180グラム重量盤アナログ
ボーナス・トラック6曲を収録した180グラム重量盤アナログ
7インチ・シングル 「Take It So Hard / I Could Have Stood You Up」
音楽評論家、アンソニー・デカーティスによる、キースの最新インタビューを含むエッセイの他、キース本人のパーソナルなアーカイヴの中から貴重な写真や未発表写真などを多数掲載した80ページにも及ぶハード・カヴァー・ブック
ツアー・ラミネート・パス
2枚の歌詞カード
『Talk Is Cheap』プレイバック・セッション招待状(レプリカ)
『Talk Is Cheap』ツアー・ギター・ピック
ポスター2枚
ハード・カヴァー・ブックに掲載されているエッセイの日本語訳付(日本のみ取扱いのボックス・セット(5053.846980)のみに封入)

CD ONE – TALK IS CHEAP
01. Big Enough
02. Take It So Hard
03. Struggle
04. I Could Have Stood You Up
05. Make No Mistake
06. You Don’t Move Me
07. How I Wish
08. Rockawhile
09. Whip It Up
10. Locked Away
11. It Means A Lot

CD TWO – BONUS SESSIONS
01. Blues Jam
02. My Babe
03. Slim
04. Big Town Playboy
05. Mark On Me
06. Brute Force

LP 1 – TALK IS CHEAP
SIDE A
01. Big Enough
02. Take It So Hard
03. Struggle
04. I Could Have Stood You Up
05. Make No Mistake
06. You Don’t Move Me

SIDE B
01. How I Wish
02. Rockawhile
03. Whip It Up
04. Locked Away
05. It Means A Lot

LP 2 – BONUS SESSIONS
SIDE A
01. Blues Jam
02. My Babe
03. Slim

SIDE B
01. Big Town Playboy
02. Mark On Me
03. Brute Force

7″ SINGLE #1
SIDE A
01. Take It So Hard
SIDE B
01. I Could Have Stood

7″ SINGLE #2
SIDE A
01. Make No Mistake
SIDE B
01. It Means A Lot

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ