GETTY

Photo: GETTY

マルーン5は来たるスーパーボウルのハーフタイム・ショウにビッグ・ボーイが出演することが決定している。

現地時間1月13日、NFLは今年のハーフタイム・ショウのラインナップを発表し、ビッグ・ボーイとトラヴィス・スコットが出演することを発表している。今年のスーパーボウルは2月3日にアトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催される。

トラヴィス・スコットが出演することは先月発表されていたが、今回、社会的正義への寄付を前提に出演に合意したことが明らかにされている。

米『ビルボード』誌によれば、トラヴィス・スコットとNFLの交渉に近い情報筋は、トラヴィス・スコットがNFLと共に「社会的正義アクセラレーター」であるドリーム・コープスに50万ドル(約5400万円)を寄付すると語っている。

https://twitter.com/NFL/status/108454002533995315

声明の中でトラヴィス・スコットは寄付について次のように発表している。「自らの信じるものに寄って立つ、いずれの人も支持します。アーティストであるということは自らの力を鼓舞するために使うことであることを私は分かっています。スーパーボウルのハーフタイム・ショウ出演に先立って、私はこの重要な寄付についてNFLとパートナーになることを最優先しました。ドリーム・コープスを支援できて誇りに思いますし、彼らの活動が変化を促進し、刺激してくれることを望みます」

マルーン5はスーパーボウルのハーフタイム・ショウで一緒にパフォーマンスを行うアーティストを探すのに苦労していることが報じられていた。

情報筋によれば、マルーン5は“Girls Like You”でコラボレーションを行ったカーディ・Bを含め、複数のアーティストに出演を持ちかけたものの、カーディ・Bの担当者は「コリン・キャパニックに彼女が考えていることや全体のムーヴメントのために参加することにあまり興味はない」と発表していた。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ