GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはリック・ルービンを批判して、待望の6作目となる新作のプロデューサーを務めるグレッグ・フィデルマンに賛辞を送っている。

リック・ルービンはスリップノットの2004年のアルバム『VOL.3 : (ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)』にプロデューサーとしてクレジットされており、グレッグ・フィデルマンは同作にエンジニア/ミキサーとしてクレジットされている。

コリィ・テイラーは今回、ディーン・デルレイのポッドキャスト「レット・ゼア・ビー・トーク」に出演して、当時リック・ルービンは他の仕事のためにスタジオにはほとんど姿を見せなかったとして、グレッグ・フィデルマンをアルバムの「影のヒーロー」だと称賛している。

「リックと仕事をするってなったんだけど、あいつは全然いなかったんだよ」とコリィ・テイラーは語っている。

「彼は同時に6つのプロジェクトを抱えていてね、『そうそう、今はU2と働いているんだ』みたいな感じだったんだ。それで、俺は『おいおい、俺たちはまだスタジオにいるんだぜ』っていう感じでね。正直、あいつが週1回でもスタジオに来るようになった頃には、俺たちはもうヴォーカルを録り終えていたんだよ」

一方で、コリィ・テイラーはグレッグ・フィデルマンを称賛して次のように語っている。「俺にとって、彼はもう一人のプロデューサーという感じだった……(リック・ルービンは)すごくいい人だったし、それは間違いないんだけどさ。ずっといてくれたのはフィデルマンだったんだ。時には朝の6時から翌朝の4時までいてくれたこともあってね。必要な時にはいつだってそこにいてくれたんだ」

グレッグ・フィデルマンはその後、スリップノットの現時点での最新作である『 5:ザ・グレイ・チャプター』や最新シングルの“All Out Life”のプロデュースも手掛けている。

同じインタヴューの中でコリィ・テイラーは今後数ヶ月にわたってグレッグ・フィデルマンと共に新作に取り組むことを認めており、新作について夏のリリースを想定していることを明かしている。

「俺たちは彼といい関係にあるんだ。彼は俺たちを理解してくれるし、挑んでもきてくれる。その一方で、どういう時に俺たちを放っておくべきかも分かっているんだ。そういうわけで、彼とは素晴らしい関係にあるんだよ」とコリィ・テイラーはグレッグ・フィデルマンについて語っている。

一方、スリップノットはストリート・ブランドのシュプリームとコラボしたコレクションが発売されると噂されている。また、コリィ・テイラーは先日、将来的に「ダークなジャズ・アルバム」を作りたいと考えていることを明かしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ