GETTY

Photo: GETTY

ゼイン・マリクは最新作『イカロス・フォールズ』より“Satisfaction”のミュージック・ビデオが公開されている。

元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクは先月にソロとしての2作目となる『イカロス・フォールズ』をリリースしている。『NME』は同作について4つ星を付けたレヴューで次のように評している。「27曲のモザイクが何度もたたみかける『イカロス・フォールズ』でゼインはスターとしての座を確立している」

今回、以前に公開されていた“There You Are”のリリック・ビデオに続いて、ゆっくりと盛り上がるバラード“Satisfaction”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Satisfaction”のミュージック・ビデオはこちらから。

バウハ・カズミが監督を手掛けたこのミュージック・ビデオは、愛する者を失う悲劇を静かに描いたものとなっており、ゼイン・マリクはビデオの4分間を通して時々登場するのみとなっている。

ミュージック・ビデオの冒頭には、黒い画面に白い文字で「この愛の花が咲くまで、心に平穏が訪れることはない」とゼイン・マリクの2016年の楽曲である“Intermission: Flower”の歌詞が綴られている。

一方、ゼイン・マリクは先日、「ステージに立つのが待ちきれない」として、ツアーに出る「心持ちはできている」とツイートしている。

ゼイン・マリクは昨年の4月に本作について次のように語っていた。「大人になったという意味で、前回のアルバムとは違っているんだ。少し歳を重ねたからね……しばらく何が起きているのか分かっていない時期もあったんだ。アルバムをリリースして、僕が望んだようには注目されなかったからね」

また、昨年の8月には本作について前作よりも「まとまったもの」になっていると語っている。「ソングライティングも確実に上達したと思っているんだ。ひたすら曲を書いていたからね」とゼインは語っている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ