GETTY

Photo: GETTY

イギリスで2018年に最も売れたカセットテープのランキングが明らかになり、デジタル時代に暮らしているにもかかわらず、驚くほど多くの人々がカセットテープを購入していることが判明している。

オフィシャル・チャート・カンパニーによれば、2018年のカセットテープの売り上げは前年度から125.3%上昇して、年間で50,000本を売り上げたという。なくなりつつあるフォーマットだと考えられていたカセットテープだが、2018年の売り上げはUKにおいて2004年以来で最高を記録したという。

カセットテープの売り上げのほとんどは店頭ではなく、アーティストのウェブサイトでの売り上げとのことで、その多くは限定版としてリリースされたものだという。

イギリスで2018年に最も売れたカセットテープは7523本を売り上げたザ・1975の『ネット上の人間関係についての簡単な調査』となっている。同作のカセットテープは発売初週に7147本を売り上げ、カセットテープとしてイギリスでは2002年7月以来となる最多の初週セールスになったことも明らかになっている。

ランキングの2位には6262本を売り上げたカイリー・ミノーグの『ゴールデン』がランクインしているほか、3位には2148本を売り上げたザ・プロディジーの『ノー・ツーリスツ』がランクインしている。

トップ5は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス VOL.2』、アリアナ・グランデの『スウィートナー』と続いている。

2018年にイギリスで最も売れたカセットテープのトップ20のランキングは以下の通り。

1. ‘A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS’ – THE 1975
2. ‘GOLDEN’ – KYLIE MINOGUE
3. ‘NO TOURISTS’ – PRODIGY
4. ‘GUARDIANS OF THE GALAXY – AWESOME MIX 2’ – ORIGINAL SOUNDTRACK
5. ‘SWEETENER’ – ARIANA GRANDE
6. ‘DELTA’ – MUMFORD & SONS
7. ‘NOW THAT’S WHAT I CALL MUSIC’ – VARIOUS ARTISTS
8. ‘GUARDIANS OF THE GALAXY – AWESOME MIX 1’ – ORIGINAL SOUNDTRACK
9. ‘WILDNESS’ – SNOW PATROL
10. ‘ODYSSEY’ – TAKE THAT
11. ‘AMERICA’ – 30 SECONDS TO MARS
12. ‘TRENCH’ – TWENTY ONE PILOTS
13. ‘RESISTANCE IS FUTILE’ – MANIC STREET PREACHERS
14. ‘BOHEMIAN RHAPSODY – OST’ – QUEEN
15. ‘BEAUTIFUL LIFE’ – RICK ASTLEY
16. ‘ST. JUDE RE:WIRED’ – COURTEENERS
17. ‘YOUNGBLOOD’ – 5 SECONDS OF SUMMER
18. ‘TRANQUILITY BASE HOTEL + CASINO’ – ARCTIC MONKEYS
19. ‘COOL LIKE YOU’ – BLOSSOMS
20. ‘MY MIND MAKES NOISES’ – PALE WAVES

トップ40のランキングはこちらから。

https://www.officialcharts.com/chart-news/the-top-40-bestselling-cassettes-of-2018__25273/

一方、2018年にイギリスで最も売れたアナログ盤はアークティック・モンキーズの『トランクイリティ・ ベース・ホテル・アンド・カジノ』となっているほか、最も売れたアルバムのトップ10にはジョージ・エズラやエド・シーラン、ドレイク、デュア・リパ、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックなどがランクインしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ