GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーはインスタグラムへの投稿で元バンドメイトである故ヒレル・スロヴァクに追悼の意を表している。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズの結成メンバーであるヒレル・スロヴァクは、1988年にヘロインのオーヴァードーズで26歳で亡くなっている。ヒレル・スロヴァクは1983年にレッド・ホット・チリ・ペッパーズが結成された際にオリジナル・ギタリストとしてバンドに参加しているほか、一度の脱退を経て1985年にバンドに再加入して、1988年に早過ぎる死を遂げるまでバンドのギタリストを務めている。

フリーは現地時間1月7日にハリウッド・ヒルズのマウント・サイナイ・メモリアル・パーク墓地にあるヒレル・スロヴァクの墓を参拝して、「最愛の兄弟」に思いを馳せている。

「画家にしてミュージシャンで、知的で、面白く、根っからの冗談好きで、友人たちからも愛されていた」とフリーは今はなきバンドメイトについて述べている。「ヒレルからベースを弾いてみないかと頼まれたことで、俺の人生は永遠に変わることになった。そしてそれは、俺が成長する過程で彼が与えてくれた、たくさんの影響の中のたった一つに過ぎないんだ」

「優しくて美しい雨が降るこの日に彼の墓の側に座っていられることを嬉しく思うよ」とフリーは投稿を締め括っている。

2017年7月、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは今は亡きヒレル・スロヴァクへの追悼のためにオリジナル・ドラマーであるジャック・アイアンズと共演している。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはヒレル・スロヴァクが亡くなってから29年が経つことを記念してジャック・アイアンズと共演し、ジミ・ヘンドリックスの“Fire”のカヴァーを披露している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ