GETTY

Photo: GETTY

イギリスで2018年に最も売れたアルバムのランキングが明らかになっており、3枚の映画のサウンドトラックやジョージ・エズラのアルバムがランクインしている。

160万枚のセールスで、ヒュー・ジャックマン主演の映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックがトップに立ったとオフィシャル・チャート・カンパニーは発表している。

この結果は予想されていたもので、アルバムは2017年12月にリリースされて以来、全英アルバム・チャートのトップ5を維持している。映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックはフィジカルで最も売れたアルバムであるだけでなく、ストリーミングとダウンロードでもトップに立っている。

映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックは計24週、全英アルバム・チャートで1位を獲得しており、これは今世紀で最多の記録となっている。アデルの『21』が2011年2月から2012年4月まで23週、1位を獲得していたが、それを上回る形となった。

一方、ジョージ・エズラのセカンド・アルバム『ステイング・アット・タマラズ』が2018年にリリースされたアルバムとしては最多のセールスとなる69万1000枚を売り上げている。

エド・シーランが2017年にリリースした『÷(ディバイド)』は更なる成功を収め、2018年のアルバム・セールスでは3位を記録している。

トップ10にはさらに2枚のサウンドトラックがランクインしており、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー.』のサウンドトラックが4位に、『アリー/スター誕生』のサウンドトラックが7位にランクインしている。

ドレイク、ポスト・マローン、マイケル・ブーブレ、エミネムもトップ10にランクインしており、デュア・リパはそのデビュー・アルバムで2018年に最も大きなセールスを記録した女性アーティストとなっている。

トップ10のランキングは以下の通り。

1. ‘The Greatest Showman Motion Picture Cast Recording’
2. George Ezra, ‘Staying at Tamara’s‘
3. Ed Sheeran, ‘÷‘
4. ‘Mamma Mia – Here We Go Again Motion Picture Cast Recording’
5. Drake, ‘Scorpion‘
6. Post Malone, ‘Beerbongs & Bentleys‘
7. ‘A Star Is Born Motion Picture Cast Recording’
8. Michael Buble, ‘Love’
9. Dua Lipa, ‘Dua Lipa‘
10. Eminem, ‘Kamikaze‘

トップ40のランキングはこちらから。

https://www.officialcharts.com/chart-news/the-official-top-40-biggest-albums-of-2018__22461/

『NME』が選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤーはこちらから。

https://nme-jp.com/blogs/66171/

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ