Gorka Ruiz de Heredia

Photo: Gorka Ruiz de Heredia

レディオヘッドが通算9作目となるニュー・アルバムのレコーディングを一度終えて、音源のチェック段階に入ったことを明かしている。

レディオヘッドは9枚目のスタジオ・アルバムに取り組むため、9月いっぱいをスタジオに籠って過ごしている。ギタリストのジョニー・グリーンウッドはレコーディングをほぼ終えたとロシアのラジオ局で発言している。

「レディット」経由の情報によると、「新しいアルバムのレコーディングは完了したんだ。でも、収録した音源をもう一度チェックしていくよ」と、ジョニー・グリーンウッドはロシアのシルバー・ラジオで語り、さらに、「早く完成するといいね。これが終わったら、来年のツアーの計画を練り始めようと思う」とも言及したという。

この報道について、ジョニー・グリーンウッドはツイッターで自身の発言を説明した。ロシア語からの翻訳に少々誤訳があったらしく、多くの音源をレコーディングし終えて、「改善できる点がないか、バンドですべて確認しているところ」だと発言したとのこと。そして、ツアーをしたいという希望はあるが、計画は定まっていないという。

ジョニー・グリーンウッドによると、レディオヘッドのニュー・アルバムが完成。バンドは2016年のツアーを計画している

@coslive いい感じに誤訳されてるね……実際に俺が言ったのは、多くの音源をレコーディングし終えて、改善できる点がないか、バンドですべて確認していて……

@coslive……改善できる点がないかな、と思っているところだってこと。それから、来年のツアーは“希望”している段階だ。まだ何の計画も決まってないよ。熱心すぎる翻訳者さん、ごめんね…:/

ドラマーのフィル・セルウェイも秋までには終えたいと以前語っていたので、アルバムが完成したという情報はそれほど驚きではない。9月前半には、レディオヘッドの前作『ザ・キング・オブ・リムス』にも関わっていた作曲家のロバート・ジーグラーが、スタジオ収録中の写真を数枚シェアしており、中にはレディオヘッドがオーケストラとレコーディングを行っているようにも見える写真も含まれていた。

アルバムについて、これ以上のことは明らかにされていないが、フィル・セルウェイは、外部とのコラボレーションの可能性を示唆していて、実現すればレディオヘッドにとって初となる試みになる。さらに、ジョニー・グリーンウッドは1996年発表の“Lift”がアルバムに収録されるかもしれないと発言している。

1996年発表の“Lift”のライヴパフォーマンスの映像はこちらから。

シルバー・ラジオがジョニー・グリーンウッドにインタヴューを行った際の写真はこちらから。

ゲストはジョニー・グリーンウッドとロバート・エイムズ! 次の番組では、モスクワで午後からコンサートを行う前にシルバー・レインが独占インタヴューした様子をお届けします。聴いてね。silver.ruもチェック:) まもなく!

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ