GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはイギリスで放送されているドラマ「イーストエンダーズ」に出演した俳優が彼にそっくりだとして話題になっている。

BBCのドラマ「イーストエンダーズ」は現地時間12月25日はクリスマス・スペシャルが放送されている。ショーン・リッチー演じるアルフィー・ムーンはその中で、ケイティ・ジャーヴィス演じるヘイリー・スレイターの娘の父親であることが判明しており、ヘイリー・スレイターによって階段から突き落とされている。

しかしながら、多くの視聴者はドラマの展開よりもショーン・リッチーの代わりに階段から突き落とされたスタントのほうに目が行ってしまったようで、彼がノエル・ギャラガーにそっくりだったとして話題になっている。

「今夜の『イーストエンダーズ』で、アルフィー・ムーンがノエル・ギャラガーに変身したよ」と視聴者の一人はツイートしている。「クリスマスのエピソードとしては、ここ10年で最高のものだね」

また、別のユーザーは次のようにツイートしている。「アルフィー・ムーンの代役として、ノエル・ギャラガーが『イーストエンダーズ』に出演してクリスマスを祝っているのを観られて嬉しいよ」

「ノエル・ギャラガーがアルフィー・ムーンの代役になるっていうこのいびるなクリスマスは、2018年に相応しいよ」とまた別のユーザーはツイートしている。

視聴者たちによる一連のツイートはこちらから。


「ノエル・ギャラガーがアルフィー・ムーンの代役をやらないといけないなんてね。難しい時代だよ」

一方、ノエル・ギャラガーは先日、オアシスの絶頂期は自分が覇権を握っていたことがその素晴らしい作品に繋がったと述べている。

「俺がすべてを掌握していた時のオアシスがよかったというのは偶然じゃないんだよ」とノエル・ギャラガーはアルゼンチン版『ローリング・ストーン』誌に語っている。「みんな成長して、自分の意見を主張する必要を感じるわけだけど、それは俺にとっても悪くないかもと思ったんだ。俺の歌うことや着るもの、なにをするかについて指図するなっていうアティテュードを持ったロックスターだったわけだからね」

彼は次のように続けている。「俺がバックシートで過ごすというアイディアもいいなと思ったんだよね。でも、そうじゃない時が俺たちの最盛期だったというのは偶然じゃないんだよ。今はハイ・フライング・バーズで、すべてをコントロールしていて、元に戻ることになったわけだけどさ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ