GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドはドラム・クルーが亡くなった2012年のステージ崩壊事故について来年の3月に新たな取り調べが再開されると報じられている。

レディオヘッドのドラム・クルーを務めていたスコット・ジョンソンは、2012年の6月にトロントのダウンズヴュー・パークで公演の前にステージが崩壊する事故が起きて亡くなっている。ドンカスター出身の33歳だった彼はキーンを初めとした多くのツアー・アーティストと仕事をしてきていた。この事故では他に3人がケガをしている。

2013年、カナダはオンタリオ州の労働局は労働安全衛生法に違反した疑いで、ライヴ・ネイションと足場を組んだ「オプテックス・ステージング・アンド・サーヴィス」と技術士のドメニック・カリアリを起訴している。ライヴ・ネイションは訴訟の中で違法行為はしていないと否定している。

昨年9月には、数年にわたる延期を経て裁判が「停止」されることが発表されており、責任の所在が依然として分からない状態となっている。レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは当時、裁判所の決定を受けて「まったくあきれてものも言えないよ」とツイートしている。

しかしながら、2017年11月にオンタリオの検視局はステージ崩壊とスコット・ジョンソンの死について新たな調査を行うことに同意したとして報じられていた。一方で、具体的な日程については明らかになっていなかった。

「カナダ・プレス」や『グルーブ・アンド・メール』紙は今回、新たな調査が2019年3月25日に行われることになると報じている。

検察の顧問を務めるプラブフ・ラジャンは『グルーブ・アンド・メール』紙に対し、調査にはレディオヘッドやオプテックス・ステージング・アンド・サーヴィス、ライヴ・ネイションといったすべての関係者に出席してほしいとコメントしているという。

レディオヘッドのドラマーであるフィル・セルウェイは昨年、スコット・ジョンソンが亡くなった事故について次のように語っている。「崩壊が起きたのは午後4時のことだったんだ。サウンドチェックを4時に始める予定だったから、実際、僕はスコットのいた場所につく予定になっていたんだ。このことは僕にとても重くのしかかっていて、嘘をつくことなんてできない。適切な結論がもたらされることを願うよ。スコットに敬意を払ったようなものをね」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ