GETTY

Photo: GETTY

ウィーザーのリヴァース・クオモは「サタデー・ナイト・ライヴ」でバンドについてのコントがあったことに反応を示している。

マット・デーモンがゲストとして出演した現地時間12月15日の放送では「ウィーザー」と題されたコントがあり、マット・デーモンが「彼らは今はクールなことをやっていると思うんだ」と言うのに対して、レスリー・ジョーンズが「私はちょっと戸惑っているのよね。だって、真のウィーザー・ファンは1996年の『ピンカートン』以降、いいアルバムを出していないということを知ってるから」と反論し、エスカレートするものとなっている。

これを受けてリヴァース・クオモは「全編、ウィーザーと僕に関するコントが『サタデー・ナイト・ライヴ』であったんだ。本当に泣いてしまったよ」とツイートしている。

ウィーザーは通算12作目となる『ブラック・アルバム』が2019年3月1日にアトランティック・レコーズよリリースされることが決定している。アルバムはTVオン・ザ・レディオのデイヴ・シーテックによってプロデュースされており、リヴァース・クオモがピアノで書いた楽曲も収録される。

アルバムからは“Zombie Bastards”の音源も公開されている。

“Zombie Bastards”の音源はこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ