GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュはギター・ミュージックの現状について語り、新たなタイプのバンドのおかげで「変わってきている」と語っている。

中国の「ビルボード・ラジオ」のインタヴューの中でスラッシュは、ヒップホップやラップ、R&Bが最も人気のジャンルになったことによってロックは少し「身を潜めている時期」にあるんじゃないかと質問されている。

「この質問はすごくよく訊かれて、自分に答えがあるなんてとんでもないわけだけどね」と彼は応じている。

「ヴェルヴェット・リヴォルヴァーが出た時、90年代初頭から中盤にかけて始まったムーヴメントが90年代の終わりに向かってまだ持続していた頃だったんだ。そしてミレニアムに入ろうとしていた。それで、俺たちはシーンに出ていくことになったわけだけど、本当にたくさんのロックンロール・バンドがいたんだ。そうしたバンドはニュー・メタルでもなかったし、インディでもなかった。ある種インディ風の類のバンドがたくさんいたんだよ」

「そして、そうしたバンドと同様にヴェルヴェット・リヴォルヴァーが成功を収められた理由の一つはスコット・ウェイランドとやったおかげだと思っているんだ。ストーン・テンプル・パイロッツのおかげで、90年代とかから始まったそうしたものが彼には残っていたからね。とにかく、それがクールだったんだよ」と彼は説明している。

「それで、そうこうしているうちにロックンロールは……まず、業界がバンドに強いてきた、成功するためにはやらなければならないと考えさせていたコマーシャルなアプローチというものがあったわけだけど、それはラジオでなんとかかかるための、よくある寄せ集めになってしまったんだ。誰の興味を惹くこともなく、それは単に味気のない退屈なものでしかなく、人々は別の場所を見るようになったんだよ」

「俺としては2006年から最近までロックンロールに関する限り、業界で起きたのはそういうことだと思ってる。でも、今は変わってきているよね。これから数年でそれがどこに向かうのか興味深いね。僕の見ているところではハングリーで若い多くのロックンロール・バンドが一緒に出てきているからね」

「明らかに、グレタ・ヴァン・フリートはものすごくよくやっているよね。みんなの耳をひきつけて、『おお、すごい!』ってことになっているわけだからね。今は若いティーンエイジのロックンロール・バンドと契約しようとしている人もいるんだ。それはすごく興味深いよ。リアルタイムで起きていることだけを見れば、永遠に続くかのように本当に退屈で、よくないけどさ。でも、気にも留めてなかったところから、突然、『なんてことだ! 何かが変わった』なんてことが起こるんだ。ロックンロールのビジネスにおいては、そうした満ち引きというのが常にあるものなんだ」

グレタ・ヴァン・フリートは2019年1月に来日公演を行うことが決定している。

グレタ・ヴァン・フリートはデビュー・アルバム『アンセム・オブ・ピースフル・アーミー』を10月19日にリリースしている。

来日公演の詳細は以下の通り。

2019年1月21日(月)Zepp Osaka Bayside
OPEN 18:00/START 19:00
1Fスタンディング¥6,500(税込・1ドリンク代別)
2F指定¥7,000(税込・1ドリンク代別)

2019年1月24日(木)Zepp DiverCity Tokyo
OPEN 18:00/START 19:00
1Fスタンディング¥6,500(税込・1ドリンク代別)
2F指定¥7,000(税込・1ドリンク代別)

2019年1月25日(金)新木場スタジオコースト
OPEN 18:00/START 19:00
スタンディング¥6,500(税込・1ドリンク代別)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://www.creativeman.co.jp/artist/2019/01greta-van-fleet/

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ