GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのギタリストであるジョニー・グリーンウッドは2007年に手掛けた映画 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のサウンドトラックが初めてアナログ盤としてリリースされることが明らかになっている。

2008年のグラミー賞で最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞映画・テレビ部門にもノミネートされている本作のアナログ盤は来年の1月18日にノンサッチ・レコードよりリリースされる。

初めてアナログ盤としてリリースされる本作には、ボーナストラックとして“Proven Lands (Intro.)”と“De-Tuned Quartet”が収録されることが明らかになっている。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は、監督を務めたポール・トーマス・アンダーソンとジョニー・グリーンウッドの長きにわたるコラボレーションの最初の作品となっている。ジョニー・グリーンウッドは以来、2012年の『ザ・マスター』、2014年の『インヒアレント・ヴァイス 』、2017年の『ファントム・スレッド』のポール・トーマス・アンダーソンが手掛けた3作品のサウンドトラックを作曲している。

ジョニー・グリーンウッドは2017年に、イギリス各地で開催された映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の特別上映で自身の手掛けたスコアを演奏している。

一方、レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは先日、1979年に公開された同名作をルカ・グァダニーノがリメイクした映画『サスペリア』のサウンドトラックをリリースしている。

トム・ヨークは同作のプロモーションの一つとして「BBCラジオ 1」のインタヴューに応じて、映画音楽を手掛けるバンドメイトのジョニー・グリーンウッドに「嫉妬していた」ことを明かしている。

「ジョニーは天の上の存在だよ。オーケストレーションも理解しているし、楽譜を読むこともできるし、あらゆることを勉強したからね。彼は机に向かって作曲の勉強をしているんだ」とトム・ヨークはDJのフィル・タガートに語っている。

トム・ヨークは次のように続けている。「ポール・トーマス・アンダーソンの最新作を手掛けた時には、当時の作曲家たちが書いたあらゆる作品に目を通していてね。楽譜が読めないから、僕には無理な話なんだけどさ」

ジョニー・グリーンウッドは今年の7月にオリジナル楽曲の楽譜もリリースしている。この曲は“88 (No.1)”というタイトルで、2015年に書かれたものだという。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ