Tom Martin/NME

Photo: Tom Martin/NME

メガデスのデイヴ・ムステインは新たなインタヴューの中でマーティ・フリードマン脱退時の頃を振り返っている。

1999年にリリースされたメガデスの通算8作目となる『リスク』は、バンドのヘヴィー・メタルのルーツから商業的なポップやロックへと舵を切ったことで、批評家から賛否両論が寄せられているほか、一部のコアなファンからも厳しい声が寄せられている。リリース週に全米16位を獲得した同作は、最終的にアメリカで50万枚を売り上げてゴールド・ディスクに認定されている。

今回、デイヴ・ムステインは衛星ラジオ局「シリウスXM」の番組「トランク・ネイション」に出演して、30年を超えるキャリアの中で犯した過ちについて語り、バンドが最も不安定だった時期として1990年代の後半から2000年代初頭にかけてを振り返っている。

「『リスク』には素晴らしいプレイヤーたちが参加していたんだ」と彼は語っている。「ギターではマーティ・フリードマンが参加していたしね。もっとオルタナティヴなバンドになりたいっていうマーティの意見に俺が個人的に降伏してしまったんだ。それで、俺たちは段々と失速していくことになったんだよ」

「もしもあのアルバムを、メガデスでなくザ・デイヴ・ムステイン・プロジェクトとかいう名前で出していたら成功していたんじゃないかって思うけどね。人々が欲していたのはメガデスのアルバムだった。マーティ・フリードマンを満足させておくために努力するデイヴなんて見たくなかったんだ。マーティは俺たちに、ディッシュワラみたいなアルバムを作らせようとしていたんだよ」

デイヴ・ムステインは『リスク』を作ったことを後悔はしていないとして次のように続けている。「これまでにリリースしたものについては、一切後悔を感じていないよ。さっきも言ったように、あのアルバムは単に、バンドを繋ぎ止めようと必死になっていた時にリリースされたっていうだけに過ぎないと思うんだ。マーティもニック(・メンザ、ドラマー)もそうだし……みんなが常にいがみあっていたよ。誰も幸せじゃなかった」

彼は次のように続けている。「少し考えてみよう。オーケー、表面上であっても、マネージメントやバンドのためにデイヴ・ムステインが“Crush ‘Em”のような曲をやるよう、どれだけ自分を説得しなきゃならなかったかってね。まったく後悔はしていないにせよ、あれはいつもの俺たちの音楽ではなかったからね。あの曲はむしろ……いい言葉が出てこないな……俺にとっては、エレクトロニックの曲みたいな感じでね。そういう曲を作りたかったんだ。ただ、そういう曲の作り方をキーボードの奴が知らなかったんだよ」

「俺たちにとってあの時期は……俺はただ、マーティに満足して欲しかったんだよ。バンドに留まっていて欲しかった。ニックにも満足してて欲しかったし、ドラムを叩いていて欲しかった……俺が何かしようとする度に、間違った方向へ行ってしまうんだ。しばらくすると、『俺にはこんなもの必要ない』って思ってしまうようになってね。マーティが抜けて、ニックも去ったんだ。それで、解散した感じになってしまったんだよ」

一方、マーティ・フリードマンは2012年に行ったスウェーデンの「メタルシュライン」とのインタヴューの中で、メガデスを脱退した理由の一つとしてバンドがアグレッシヴでなかったことを挙げている。

「その通りなんだ」とマーティ・フリードマンは語っている。「実際、その通りなんだよ。正式に脱退したのは2000年の初めだったけど、メンバーたちには脱退することを1999年の半ばくらいから話していたんだ。まあ、それはまた別の話なんだけどさ。2000年に脱退した当時は、他のあらゆるバンドが自分たちよりも1000倍アグレッシヴにやっているように感じていたんだ」

「『メガデス』なんて名前が付いているのに、他のバンドがやっているビッグで沈むようなヘヴィーなサウンドのほうが、『メガデス』と呼ばれている自分たちのサウンドよりも恐ろしくて、ハードに聴こえるっていうさ」とマーティ・フリードマンは続けている。「そう思ってからは、やる気が出なくなってしまってね。僕としては、『どっちかにしようぜ。どっちかに集中しよう』っていう感じでね。『ヘヴィーなのか、商業的なのかどっちかだ。今のままだと僕たちはアンダーグラウンドなバンドだし、僕たちはそうあるべきじゃない。4人の素晴らしいポテンシャルを秘めたメンバーがいるのに、昔ながらのアンダーグラウンドなメタル・バンドでいるべきじゃないんだ』ってね」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ