GETTY

Photo: GETTY

第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表されている。

来年1月に授賞式が開催される第76回ゴールデン・グローブ賞だが、最多ノミネートはクリスチャン・ベール主演の『バイス(VICE)』の6部門となっていて、続いてレディー・ガガ出演の『アリー/スター誕生』が5部門となっている。

クイーンのキャリアを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』も2部門でノミネートされており、ケンドリック・ラマーがサウンドトラックのエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた『ブラックパンサー』も3部門でノミネートされている。

主題歌賞のノミネートは以下の通り。

“All The Stars”『ブラックパンサー』

“Girl in the Movies”『ダンプリン’(原題)/ Dumplin’』

“Requiem For A Private War” 『ア・プライベート・ウォー(原題)/ A Private War』

“Shallow”『アリー/スター誕生』

“Revelation”『ボーイ・イレイスト(原題)/ Boy Erased』

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ