GETTY

Photo: GETTY

ミューズは現地時間12月3日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行ったチャリティ公演で最新作『シミュレーション・セオリー』からの楽曲をいくつかライヴで初披露したほか、15分に及ぶメタル・サウンドのメドレーを披露している。

若年の失業者を支援する団体である「ザ・プリンス・トラスト」のために行われた今回の公演で、フロントマンのマシュー・ベラミーは50万ポンド(約7,100万円)を超える寄付を集めたことを観客に明かしている。この公演はミューズのインスタグラムでライヴ配信されているほか、先週末に結婚をした12月2日が誕生日のベーシストであるクリス・ウォルステンホルムに観客と共にバースデー・ソングが贈られている。

ライヴでは初披露となる最新作の“Algorithm”から幕を開けたこの日の公演で、ミューズはデビュー・アルバムに収録されている“Showbiz”も演奏したほか、最新作からファンキーなメタル・ソングである“Break It To Me”も初披露されている。ミューズはまた、“Stockholm Syndrome”、“Assassin”、“Reapers”、“The Handler”、“Dead Star”、“Micro Cuts”、“New Born”、“Ashamed”といったヘヴィな楽曲で構成された15分のメドレーも披露している。

観客が撮影したこの日の映像はこちらから。

View this post on Instagram

I saw #Muse tonight and it was fun.

Andrew Trendellさん(@andrewtrendell)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

#muse #live #royalalberthall #simulationtheory

Nicolas Padamseeさん(@npadamsee)がシェアした投稿 –

この日のセットリストは以下の通り。

Algorithm (Live Debut)
Psycho
Showbiz
Break It to Me (Live Debut)
The Dark Side
Uprising
The 2nd Law: Unsustainable
Pressure
Plug In Baby
Supermassive Black Hole
The 2nd Law: Isolated System
Thought Contagion
Time Is Running Out
Medley : “Fifteen minutes of metal” (Stockholm Syndrome, Assassin, Reapers, The Handler, Dead Star, Micro Cuts, New Born, Ashamed)
Encore:
Starlight
Knights of Cydonia

ミューズは先日、2019年のUKツアーの新たな日程としてブリストル公演を行うことを正式に発表している。バンドが当初発表していた2019年のUKツアーにはブリストル公演が含まれていたものの、改めて発表された際にはロンドン公演とマンチェスター公演のみが発表されており、ファンらはこのことに対して不安を露わにしていた。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ