PRESS

Photo: PRESS

ポール・マッカートニーは北米・南米それぞれ4公演の新たな日程が発表されている。

ポール・マッカートニーは2019年3月に4公演を南米で行うことが発表されているほか、5月より行われる北米ツアーでは新たにグリーン・ベイ、アーリントン、サンディエゴ、ロサンゼルスの公演が発表されている。ロサンゼルスでは前田健太が在籍するロサンゼルス・ドジャースの本拠地であるドジャース・スタジアムで公演が行われる。

今回発表された公演は以下の通り。

20th March National Stadium, Santiago, Chile
23rd March Polo Ground, Buenos Aires, Argentina
26th March Allianz Parque, Sao Paulo, Brazil
30th March Estadio Couto Pereira, Curitiba, Brazil

8th June Lambeau Field, Green Bay, WI
14th June Globe Life Park, Arlington, TX
22nd June Petco Park, San Diego, CA
13th July Dodgers Stadium, Los Angeles, CA

ポール・マッカートニーは1971年発表の『ウイングス・ワイルド・ライフ』と1973年発表の『レッド・ローズ・スピードウェイ』が未発表音源などが追加されたアーカイヴ・コレクションとして12月7日にリリースされることが決定している。

『ウイングス・ワイルド・ライフ』は3CD+DVDからなる限定盤デラックス・エディションと2CDのスペシャル・エディション、2LPの3形態でリリースされ、『レッド・ローズ・スピードウェイ』は3CD、2DVD+1Blu-rayからなる限定盤デラックス・エディションと2CDのスペシャル・エディション、オリジナルとダブル・アルバムの2種の2LPという4形態でリリースされる。

両作品の限定盤デラックス・エディションを一つにまとめた『ウイングス 1971-1973』(7CD+3DVD+1Blu-ray)もリリースされることが決定しており、このセットのみボーナス・ディスクとして1972年のヨーロッパ・ツアーのライヴ音源20曲(未発表&新ミックス)を収録したCDが付属する。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ