GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは2019年の公演としてさらに大規模な4公演の日程が発表されている。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは今回、現地時間5月24日にギャズ・クームズやボーイ・アズーガをゲストに迎えてカーディフ城で公演を行うことが発表されているほか、現地時間5月26日にはノーウィッチのアーラム・パークで行われる「サンデー・セッションズ」に出演することが明らかになっている。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズはその後、現地時間6月16日にダヴズやブロッサムズ、DMAらをサポート・アクトに迎えてダブリンのマラハイド城で公演を行うことが発表されており、6月30日にはエクスターのパウデラム城で行われる「サンデー・セッションズ」でヘッドライナーを務める予定となっている。

https://twitter.com/NoelGallagher/status/1069992318730682370

ノエル・ギャラガーは先日、ダヴズがサポート・アクトとして出演するマンチェスターのヒートン・パークでの大規模な凱旋公演の詳細を発表している。

現在、2017年にリリースしたマーキュリー・プライズにもノミネートされた最新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』を携えたツアーを行っているノエル・ギャラガーは、現行のツアーの締めくくりとしてオアシス以来、ハイ・フライング・バーズ名義では初となるヒートン・パーク公演を6月7日に行うことを発表している。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのヒートン・パーク公演には、ホワイト・デニムらのほか、先日再結成が発表されたマンチェスター出身のダヴズがサポート・アクトとして出演することが発表されている。

マンチェスター出身の3人組バンドであるダヴズは、2010年に「最後のギグ」として行ったマンチェスターのウェアハウス・プロジェクトでの公演を最後に活動を休止していた。先月に再結成を予告していたダヴズは現地時間12月3日に、来年の3月にロンドンのアルバート・ホールで行われるティーンエイジ・キャンサー・トラストの公演でヘッドライナーを務めることを発表している。ダヴズは同じ投稿の中で「今後更なる発表」があることも明かしており、更なるツアー日程や高い評価を得た2009年の『キングダム・オブ・ダスト』以来となる新曲が発表される可能性が示唆されている。

また、ノエル・ギャラガーは先月、来年にニューカッスルで開催されるディス・イズ・トゥモロー・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが発表されている。

発表に際してSSDコンサートのスティーヴ・デイヴィスは次のように述べている。「素晴らしい伝説的なアーティストはニューカッスルにやってくるのが待ちきれませんし、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズを最初のヘッドライナーとして発表できて誇らしく思っています」

スティーヴ・デイヴィスは次のように締めくくっている。「ノエルは常に音楽的にできることについて限界を超えてきましたし、それぞれのアルバムで自身を新たに生み出しています。彼はこのフェスティバルに合っていますし、夏の太陽の下、屋外で観客を圧倒してくれるでしょう」

カーディフ公演、ノーウィッチ公演、ヒートン・パーク公演、エクスター公演のチケットはそれぞれ現地時間12月7日の午前10時より発売されるほか、ダブリン公演のチケットは現地時間12月6日の午前9時より発売される。ディス・イズ・トゥモロー・フェスティバルは現在発売中となっている。

現在までに発表されているノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの2019年の公演は以下の通り。

Noel Gallagher’s High Flying Birds Tour Dates 2019
May 24 – Cardiff Castle, Cardiff
May 25 – This is Tomorrow Festival, Exhibition Park, Newcastle
May 26 – Earlham Park, Norwich
June 7 – Heaton Park, Manchester
June 16 – Malahide Castle, Dublin
June 30 – Powderham Castle, Exeter

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ