GETTY

Photo: GETTY

ミーク・ミルはニッキー・ミナージュと共にジェイ・Zとビヨンセの夫妻とダブル・デートをしたことがあると明かして、いかに気まずかったかについて語っている。

ミーク・ミルは過去にニッキー・ミナージュと2年間にわたって交際しており、2人の交際は2015年の初めに公になっている。

ミーク・ミルは新たなインタヴューの中で、ニッキー・ミナージュとの交際中に出掛けたジェイ・Zとビヨンセのカーターズ夫妻とのダブル・デートについて語っており、その時の音楽の選曲権はジェイ・Zにあったことも明かしている。ジェイ・Zはその時、ドレイクがミーク・ミルを批判するために書いた“Back To Back”を食事中に流したのだという。

「俺は近所に住んでるんだけどさ。ホヴァ(ジェイ・Z)とビヨンセから、『一緒に食事でもしよう』と言われてね」とミーク・ミルは語っている。「俺としては、『マジかよ、ホヴァとビヨンセとデートするのか。こいつはすげえな』っていう感じだったんだけどさ」

https://twitter.com/WordOnRd/status/1069431771811512320

彼は次のように続けている。「ホヴァはプレイリストを用意していて、いじってるうちに間違ったんだか分からないけど、一緒にテーブルについている時に“Back To Back”を流されてね。俺としては『嘘だろ。何の仕打ちだよ』っていう感じだったんだけどさ。ビヨンセもホヴァもニッキーも、みんな何が起きたか分からないみたいな顔しやがってさ。今でも耐えられないよ。『ふざけんなよ。やめてくれよ』っていう感じだったね。あいつらがこのことを覚えてるか知らないけど、俺は今でも覚えているよ」

ミーク・ミルは11月30日に出所して以来初となる新作『チャンピオンシップス』をリリースしている。『NME』は4つ星をつけたレヴューの中で同作について次のように評している。「傑出したプロジェクトである『チャンピオンシップス』は、人々のアルバム・オブ・ザ・イヤーのリストには入らないかもしれないが、しっかりとした趣旨のある作品であることは間違いない。ミークだって、私たちと同様に内側に悪魔を抱えている。彼は私たちをそこへ招き入れてくれたのだ」

一方で、リック・ロスはミーク・ミルの新作でシックスナインに向けられたものと思われる同性愛嫌悪的なフレーズをラップしている。ジェイ・Zと共に参加した“What’s Free”の中で、リック・ロスは次のようにラップしている。「『ギャング、ギャング』って喚いてる、今度は裏切りだってさ/恐喝の容疑でそいつはハメられた/税金を払ってくれるような弁護士を探してる/パープル・ヘアーの野郎にはオカマどもがついてるんだ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ