GETTY

Photo: GETTY

ABBAは新曲のリリースに先立って公式ツイッターのアカウントを立ち上げている。

スウェーデン出身のグループであるABBAは今年4月に、35年ぶりとなる新曲を2曲リリースすることを発表している。ABBAは“I Still Have Faith In You”と題された新曲が12月にBBCで初公開される予定となっているほか、2019年にはホログラムによる「ヴァーチャル」なツアーを行う予定となっている。

今年6月に一緒にレコーディングを行っている写真をインスタグラムに投稿していたABBAだが、今回、新たにツイッターのアカウントが立ち上げられており、来たる音楽シーンへの復帰に向けて何かを示唆しているものと見られている。

「ツイッターに到着(“アライヴ”)!」とABBAは4作目のアルバム『アライヴァル』のアートワークと共に投稿している。

ABBAの投稿はこちらから。

https://twitter.com/ABBA/status/1067797541507477506

ABBAのビヨルン・ウルヴァースは今年7月に来たる新曲の方向性について語っている。「そのうちの1曲はポップ・チューンで、すごくダンサブルなんだ」と彼は語っている。「もう1曲はよりタイムレスで、より内省的で、それが僕の言えるすべてだね。北欧の悲しみと喜びが同居しているんだ」

「2人の女性が一緒に歌っているのは、ものすごいクオリティだと思っていてね。それが最も悲しい曲でありながら、少し高揚感のある曲にしているんだ。それが今起きていることだと思うよ。すごくオーガニックで、計画的なものなんかじゃなく、そういう形で実現しているんだ」

また、ビヨルン・ウルヴァースは先日、バンドと今年スタジオで過ごしたことは「ニュー・アルバムの可能性」につながるかもしれないと語っている。

「4曲くらい、そういうものがあるからね。可能性はあるかもしれないね」と彼は続け、再びツアーを行うことはないという自身の信条を語っている。「でも、僕らがステージ上でパフォーマンスすることはありえないね。それは疑う余地がないよ」

また、ABBAに関する他のニュースとして、ABBAをテーマにしたレストランがロンドンに来年オープンすることも発表されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ