GETTY

Photo: GETTY

グライムスは来たる通算5作目となるニュー・アルバムからのファースト・シングルとなる新曲“We Appreciate Power”を公開している。

新曲を予告していたグライムスだが、クレア・バウチャーによる新曲はインダストリアル・サウンドの影響を大きく受けた方向と向かっている。報道によれば、この曲は北朝鮮の音楽ユニットである牡丹峰楽団をインスピレーションにしているという。

彼女はこの曲についてプロパガンダと増加しているAIによる支配からも影響を受けたと説明している。

新曲“We Appreciate Power”はこちらから。

「“We Appreciate Power”はAIによるプロパガンダのためのガールズ・グループの視点で書いてみたものなの。曲やダンス、性やファッションを(求めるにせよ求めないにせよ到来する)人工知能への普及を広げるために使っているのよ」

「この曲を聴くことで、将来訪れる人工知能による支配について、自分たちもそれを支持してきたものであり、そしてその結果は拭いきれないものであることが分かるはずよ」

この曲には2016年以来、友人となっているHANAも参加している。

新作のリリース日はまだ明らかにされておらず、グライムスの現時点での最新アルバムは2015年にリリースした『アート・エンジェルズ』となっている。同作はケンドリック・ラマーやラナ・デル・レイ、ブラー、エイサップ・ロッキーらの作品を抑えて『NME』による同年のアルバム・オブ・ザ・イヤーの1位に選出されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ