GETTY

Photo: GETTY

ドナルド・トランプ大統領はかつて周囲からエルヴィス・プレスリーに似ていると言われていたと語っている。

ドナルド・トランプ大統領は現地時間11月26日にミシシッピ州のテュペロを訪れており、エルヴィス・プレスリーの生まれ故郷であるこの街で当該の発言を行っている。

米『ウォール・ストリート・ ジャーナル』紙の記者であるケン・トーマスはドナルド・トランプ大統領の発言を最初に伝えた1人となっており、ドナルド・トランプ大統領は聴衆に次のように語ったという。「ブロンドの髪を除けば、昔はエルヴィスに似ていると言われていたんだ……私はいつも、ありがたい褒め言葉としてそれを受け取っていたよ。エルヴィスはみんな大好きだからね」

その後、ドナルド・トランプ大統領がテュペロで支持者に向けて行った演説の中でエルヴィス・プレスリーについての発言をする映像が公開されており、彼の発言は聴衆から笑いをもって受け入れられている。

ドナルド・トランプがエルヴィス・プレスリーについて発言している映像はこちらから。

エルヴィス・プレスリーは先日、ドナルド・トランプ大統領から大統領自由勲章を授与されている。

ホワイトハウスのスポークスマンはエルヴィス・プレスリーの受勲理由について声明で次のように述べている。「世界中にいる何十億人もの熱狂的なファンにアメリカ文化とはいかなるものなのかを定義してくれました。ゴスペルやカントリー、リズム&ブルースを融合させ、彼は独自のサウンドを創り上げたのです」

「アメリカは世界でも最高の技術や情熱、才能に恵まれている」とドナルド・トランプ大統領は述べている。「私たちは真の素晴らしい国家であり、まさに順風満帆に進んでいる国家なんだ」

また、エルヴィス・プレスリーは先日、死後に最も稼いだ著名人の最新のリストで上位に選出された1人となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ