GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンはネットフリックスで配信される『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』の最初のトレイラー映像が公開される。

この番組はニューヨークのウォルター・カー劇場で上演されている舞台『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』を収録したもので、公演の千秋楽の翌日となる12月16日よりストリーミングされる。

トレイラーはブルース・スプリングスティーンが観客に様々な逸話や語りを披露するもので、ニュージャージーにある会場のザ・ストーン・ポニーの外でバンドメイトであり、妻でもあるパティ・スキャルファと出会った経緯や父親との関係についても触れている。後半では「誰しも故郷には愛憎入り交じるものがあるだろう。僕は『走るために生まれた』……でも、僕は今、故郷から10分のところに住んでるんだけどね」と冗談を飛ばしている。

日本語字幕付きトレイラー映像はこちらから。

https://www.netflix.com/jp/title/80232329

『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』の公演は2017年10月に初演が行われ、2016年に刊行された自伝『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』を元に選ばれた15曲を演奏するものとなっている。

番組に先立って12月14日にサウンドトラック・アルバム『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』がリリースされることも決定しており、アルバムには演奏のほか語りも収録される。

すべて固定したセットリストで行われている『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』の公演だが、今年6月には移民の子どもが家族から引き離される「非人道的」なドナルド・トランプ大統領の移民政策を批判するためにセットリストを変更している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ