GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトは現行の『ボーディング・ハウス・リーチ』ツアーの公演でアメリカ発のカードゲームである「カーズ・アゲインスト・ヒューマニティ」とコラボレーションしている。

今年3月に通算3作目となるソロ・アルバム『ボーディング・ハウス・リーチ』をリリースしている元ザ・ホワイト・ストライプスのフロントマンであるジャック・ホワイトは、カーズ・アゲインスト・ヒューマニティとコラボレーションして、同ゲームを模したオリジナルのカードを作成している。ジャック・ホワイトによるこのカードは、現地時間11月19日にシカゴのアラゴン・ボールルーム公演のプロモーションの一環として使用されている。

カーズ・アゲインスト・ヒューマニティは日本語では「人倫対戦カードゲーム」などと訳されるカードゲームで、一つの質問に対して参加者が持っている様々な「人倫に反した」答えから一番面白いものを競うゲームとなっている。

公演のポスターには次のように記されている。「ジャック・ホワイトが2018年の11月19日にシカゴのアラゴン・ボールルームでパフォーマンスする時、彼はファンを__で驚かせる」。

ポスターの下部にはクイズの答えの選択肢も記されており、それぞれ次のようにカードに書かれている。

「静かで胸を刺すようなアコースティックのギター・バラード。
ジャック・ホワイトによる動物の頭の剥製コレクション。
急速に進行しているジャック・ホワイトの認知症。
ステージの上に踊りにくるジャック・ホワイトの母親。
カーズ・アゲインスト・ヒューマニティとの奇妙なパートナーシップ。
ジャック・ホワイト」

マシュー・ジェイコブソンによるマジック・ペーパーと共同制作され、ベイカー・プリンツが印刷を手掛けたアラゴン・ボールルーム公演のポスターはこちらから。

『NME』は5つ星をつけたレヴューの中でジャック・ホワイトの『ボーディング・ハウス・リーチ』について「トム・ウェイツがビースティ・ボーイズに出会った」ようなサウンドで聴く者を音楽の「野生的でワイルドな体験」に連れていってくれると評している。

一方、ジャック・ホワイトは先日、映画『アリー/スター誕生』の監督と主演を務めるブラッドリー・クーパーから、当初男性の主人公役に想定されていたことが報じられている。

ブラッドリー・クーパーは当初想定していた具体的なアーティストについての明言を避けているもの、『ヴァラエティ』誌によれば、彼はこの役に元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトを想定していたとされ、スタジオの上層部からそれを却下されたという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ