GETTY

Photo: GETTY

ミューズのフロントマンであるマシュー・ベラミーは、バンドが当初予定していたブリストルでの公演を白紙にしたことに言及して、代わりにバンドの出身地であるデヴォン州近郊で公演を行うことを検討していることを明かしている。

ミューズは先日、最新作『シミュレーション・セオリー』を携えた2019年のUKツアーを発表しており、当時発表されていた都市にはブリストルも含まれていた。

しかしながら、彼らの計画は変更を強いられたようで、最終的にはイギリスでの公演としてマンチェスターとロンドンの2公演のみが発表されている。ミューズがチケットの先行販売権を最新作『シミュレーション・セオリー』の予約特典として発表していたこともあり、ツイッターではブリストル公演のためにアルバムを予約していた多くのファンが不安を露わにしている。

「まだソールドアウトになっていない理由の一つとして、スウィンドン西部に住む人たちがブリストル公演についての答えを待っているからだと思うんだ。もう何度も言っていることだけど、沈黙は何の意味もなさない。せめてイエスかノーかを言って欲しい」

https://twitter.com/kagemena/status/1062296578927587328

「もちろんよ! 幸運を祈ってる! 私たちもブリストル公演に行こうとしていたけど、発表されないみたいだからロンドンに行くことにしたの。すごくストレスだわ」

「ブリストル公演があるのか、ないのかだけでも教えてもらえませんか? 日程とまでは言いませんので、あるのかどうかだけ教えて欲しいです。そうすれば、他の公演に申し込むべきなのかを判断できるので。両方に申し込む余裕はありません」

「それで、明日になったらミューズのワールド・ツアーのプレオーダーを申し込めるわけか。ブリストルも含まれていたのに、なくなってしまったんだ。残されているオプションは、ロンドンのチケットに申し込むということ。もしくは、(ブリストルの)アシュトン・ゲート・スタジアム公演が発表されるのを願って、待ってみるというもの。どうすればいいかな?」

「ミューズのチケットに申し込むプリセールのコードは届いたけど、ブリストルに関する文言はない。ロンドンを買った後でブリストルが追加されたとして、ファン同士でチケットの売り買いをできるサイトはあるのかな? どうかハッキリさせて欲しい。こういうファンの扱い方はよくないよ。イエスかノーさえ教えてくれてばいいんだ」


「ブリストルの日程は? プリセールに登録したけど、なくなってしまったの? あとで発表するのなら、改めて先行申し込みをやって欲しいな」

https://twitter.com/emmajgination/status/1063421154680033285

「ブリストルを発表して!」

「それで、ミューズはブリストルでやってくれるのかな? どうしても知りたい。マンチェスターもロンドン・スタジアムも行くのに5時間くらいかかるし、そこまで行けるお金があるか分からないよ。もしなかったら本当に残念」

マシュー・ベラミーは今回、『NME』とインタヴューを行った際に撮影した写真を自身のインスタグラムに投稿しており、その中でファンの1人からのブリストル公演の可能性に関する質問に答えている。マシュー・ベラミーはファンへの返信の中で、ブリストル公演は行われないことを示唆しつつも、ブリストルの近郊で公演を行う可能性を探っていることを明かしている。

「本当に、西部でライヴをやりたいとは思っているんだ」とマシュー・ベラミーは綴っている。「他の選択肢として、デヴォンを探っているところだよ」

マシュー・ベラミーによる投稿はこちらから。

View this post on Instagram

📸 #nmemagazine

Matt Bellamyさん(@mattbellamy)がシェアした投稿 –

「サマセット・ライヴ」によれば、ブリストル近郊にあるミューズ規模のアーティストが公演を行える会場として、2万7,000人を収容できるブリストルのアシュトン・ゲート・スタジアム、プリマス・アーガイルFCの本拠地であるホーム・パーク、エクセター競馬場などがあるという。

ミューズは2009年に地元デヴォン州のテインマスで大規模な2日間の凱旋公演を行ったことで知られている。この時の公演は、BBCによってドキュメンタリーとして放送されている。

今年のNMEアウォーズで最優秀フェスティバル・ヘッドライナー賞を受賞した際、バックステージでフロントマンのマシュー・ベラミーはツアーについて次のように語っている。「一番規模が大きいツアーをやるつもりだよ、誰も見たことのないようなものでみんなを圧倒するよ」

マシュー・ベラミーは次のように続けている。「今まで誰も見たことのないものを考えるつもりさ。常に最新のテクノロジーや最先端のものに関心を持っているし、今まで誰もライヴで使ったことのない新しいものについていつも考えていてね。それに当たるものを見つけたんだ、そしてそれを使う予定だよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ