GETTY

Photo: GETTY

U2のフロントマンであるボノは新たなインタヴューの中で元オアシスノエル・ギャラガーと初めて会った時のことを振り返っている。

ボノとノエル・ギャラガーは非常に仲のいいことで知られ、ノエル・ギャラガーは2017年にU2による『ヨシュア・トゥリー』30周年記念ツアーにもサポート・アクトとして参加している。

『Q』誌のインタヴューでボノはノエル・ギャラガーと初めて会った時のことを振り返っている。「よく覚えてないな。彼の地下にあるアパートかなんかだったと思う。通りも覚えてないよ。でも、連中がキャリアを始めたばかりの頃だった。地下で、話をしたのを覚えている。彼の曲が金に変わっていくのを見るのは、人生でも最大の喜びの一つだったね」

彼は次のように続けている。「次に会った時はサポート・アクトの件について話をしたんだと思う。それで『本当にやるのか?』って彼が言うから『ああ』って答えたら、彼は俺たちにサポート・アクトをやらせることについての話をしてたんだよね。俺があいつを大好きなのはだからだよ。というのも笑わせてくれるんだ。俺にサインもくれたんだよ」

先日、ボノはコメディアンのウィル・フェレルやクリス・ロックらと共に、エイズへの寄付や周知を目的とした特別番組に出演することが明らかになっている。

12月1日の世界エイズ・デーに先駆けて、ボノは上記の2人や女優のミラ・クニス、スヌープ・ドッグらと共に、現地時間11月19日に放送される「ジミー・キンメル・ライヴ」の特別番組に出演することが明らかになっている。この放送はエイズのチャリティ団体である「RED」のための特別番組となっており、特別番組の放送は今年で4年目を迎えている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ