GETTY

Photo: GETTY

ザ・リバティーンズのピート・ドハーティは飼っているハスキー犬が近所の猫を殺してしまった際に管理を怠っていたと批判を浴びている。

ザ・リバティーンズのフロントマンのピート・ドハーティは月曜の朝、マーゲイト市内で飼い犬2匹をリードを付けずに散歩させていたところ、2匹が8才の猫のアーチーに大怪我を負わせて殺してしまったと報じられている。

猫の飼い主であるペニー・ワードによれば、彼女の愛猫を「10分間ぬいぐるみ人形のように」振り回したという。

元看護師のペニー・ワードは『ザ・サン』紙に次のように語っている。「彼は謝罪に来ることすらなかったの。彼があんなに力が強くて獰猛な犬をリードもなしに散歩させているのはおぞましいわ」

「アーチーの死は彼に責任があるわ。子どもに対して起きたかもしれないことなのよ。彼は犬の飼い主であるよりも歌手であってほしいと思ってるわ」

彼女は次のように続けている。「アーチーはどこでも私を追いかけてきて、キッチンの食器棚に座って気持ちよさそうに喉を鳴らしたものだったわ。あんまりよね。とても悲しい。彼のことを考えないようにするのでいっぱいいっぱいなの」

目撃者によれば、最初は犬がゴミ袋のようなものをくわえて走ってきたと思ったが、最終的にそれが猫だと気がついたという。

事件を目撃したバス運転手のクリストファー・スミスは次のように語っている。「犬たちはまるでバッグみたいに猫を放り投げていたんだ」

「ドハーティは1匹にはハーネスをつけていましたが、もう1匹にはリードはありませんでした。私は彼をろくでなしと呼びつけました」

ピート・ドハーティは昨夜警察から聴取を受ける予定になっていると報じられていたが、専門家によれば立件される可能性は低いという。

『NME』はピート・ドハーティの代理人にコメントを求めている。

一方、ピート・ドハーティは先日ケント州にあるカフェで朝食の大食いチャレンジに成功したことも報じられている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ