GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは、舞台裏を撮影した映像に登場し、英人気ドラマ「ドクター・フー」へのゲスト出演についての見解を語っている。

コリィ・テイラーは、彼のトレードマークとなっている残忍なスクリームを提供し、キャラクター「ザ・フィッシャー・キング」の声で出演している。長年の番組のファンであるコリィは、この舞台裏映像のなかで番組のセットに驚き、担当した声の仕事について語っている。

舞台裏映像はこちらから。

一方、スリップノットは、新たに“XIX”のミュージック・ビデオを公開している。メンバーのショーン・クラハンが監督を務めたこのクリップでは、二人の女性が登場して、棺桶を回収するために森のなかに車を進め、衣服を脱いだ彼女たちが棺桶を河に流すという内容になっている。

“XIX”は、昨年10月にリリースされたバンドの最新作『.5:ザ・グレイ・チャプター』に収録されている。コリィ・テイラーはアルバム・リリース時に作品の制作について語っており、バンド設立メンバーであるポール・グレイの2010年の死と、2013年のドラマーであるジョーイ・ジョーディソンの脱退の影響について明かしている。

「バンドにとっておかしな時期だったね。ポールについてはいろんなことがあったんだ。俺たち自身についてもいろんなことがあった」とコリィ・テイラーは語っている。「根本的なところからもう一度始めてみたんだ。人生の重みに押しつぶされて終わるか、もう一度戻ってきて、俺たちにできるスリップノットをやるかのどっちかだった」

“XIX”のミュージック・ビデオはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ