BBC

Photo: BBC

BBCで政治番組の司会を務めるアンドリュー・ニールは、自身の番組で共演して険悪な関係になることとなったプライマル・スクリームのボビー・ギレスピーについて「醜い冗談」だと批判している。

プライマル・スクリームのフロントマンであるボビー・ギレスピーは先月、アンドリュー・ニールが司会を務める「BBCディス・ウィーク」に出演して、社会における「進歩」のなさやEUとの離脱交渉に苦言を呈している。

ボビー・ギレスピーはこの日、番組の最後に共演した労働党議員のキャロライン・フリントや元保守党議員のマイケル・ポーティロと共にリトル・ビッグの“Skibidi”のダンスを踊ることを拒否しており、その時の冷めた表情も話題になっている。

「もう一度あの映像を放送できることを願うよ。そうすれば、誰かさんもあの時にどっちが醜い冗談だったのか分かってくれるだろうし、自分がしたことを理解するはずだからね」とアンドリュー・ニールはツイッターでユーザーに返信する形でツイートしている。「イズリントンのおかしな家からの(労働党党首のジェレミー・)コービン派のプロパガンダによるしかめっ面やおしゃべり以外のものをね」

ボビー・ギレスピーは先日、アンドリュー・ニールについて「失礼でうぬぼれている」と批判している。

「アンドリュー・ニールがマイケル・ポーティロに唐突に質問を渡して、僕の話は遮られることになったんだ」とボビー・ギレスピーはインスタグラムで番組に出演した時のことを振り返っている。

「言いたいことをすべて言うことができなかった。印象としては、アンドリュー・ニールは自分が聞きたくない違った意見を僕が言うと思って、遮ることにしたってところだね。横柄で、失礼で、うぬぼれていると思ったよ」

View this post on Instagram

I was asked to go on “This Week” show on @bbc last night to discuss “Progress”, My line of reasoning was that here in the U.K. we are not progressing but regressing back to the social inequalities of the 1930’s due to the failure of 40 years of Free Market Capitalism, and tying that in with the rise of Fascism in Europe & all over the world; I was immediately cut off by Andrew Neil who quickly handed the question over to Michael Portillo. I never got to say what I fully wanted, my impression was that Andrew Neil sensed an alternative opinion that he didn’t want to hear and closed me down. I found him to be arrogant, rude & smug. When I arrived before the show, the Producers asked me if I would take part in this ‘dance’ idea at the end of the show ; I refused, after that their attitude towards me changed. After it finished, the Labour M.P. Caroline Flint joined Michael Portillo, Andrew Neil & the Producer / crew as they cracked open the Champagne ( or Wine? ) and toasted each other, it was a sickening sight. This film sums up the attitude of the political class of our country, and the media who support / serve / enable them. You can watch the whole scene on @bbciplayer RG via @raven__smith

Primal Screamさん(@primalscreamofficial)がシェアした投稿 –

一方で、アンドリュー・ニールは番組が放送された当初、今回よりも友好的に演出の意図を説明していた。

アンドリュー・ニールは番組での演出について次のように説明している。「『BBCディス・ウィーク』の最後の演出は、政党政治やイデオロギーから一度離れて、楽しむというのが目的だったんだ。ギレスピー氏がそのどちらも果たしてくれなかったことについては、残念に思っているよ」

ボビー・ギレスピーは現時点でアンドリュー・ニールによる今回のコメントに反応を示していないものの、プライマル・スクリームの公式インスタグラムにはアンドリュー・ニールによるツイートのスクリーンショットが投稿されている。

プライマル・スクリームは先日、ボビー・ギレスピーが悪魔のような姿をしたアンドリュー・ニールに取り憑かれているところが描かれた絵もインスタグラムに投稿している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ