GETTY

Photo: GETTY

映画『アリー/スター誕生』で監督と主演を務めるブラッドリー・クーパーは、男性の主人公役に当初はジャック・ホワイトを考えていたが、最終的に自身が演じることになったと報じられている。

10月5日にアメリカで公開され、日本では12月21日に公開される映画『アリー/スター誕生』は、その演技が高い評価を得ることとなったブラッドリー・クーパー演じるアルコール依存症に苦しむロックスターのジャクソン・メインと、彼が恋に落ちたレディー・ガガ演じるシンガーを目指すウェイトレスのアリーのそれぞれのキャリアが正反対の方向に進んでいく様を描いた作品となっている。

最終的には自身で主役を演じているブラッドリー・クーパーだが、当初は違う人物をその役に想定していたことを明かしている。

「この役は他の人に演じてもらいたいと思っていたんだ。本物のミュージシャンの人にね」とブラッドリー・クーパーは『ヴァラエティ』誌に語っている。「ただ、(スタジオ側が)その人とは映画を撮ろうとしなかったんだよ」

ブラッドリー・クーパーは当初想定していた具体的なアーティストについての明言を避けたものの、情報筋が同誌に明かしたところによれば、彼はこの役に元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトを想定していたとされ、スタジオの上層部からそれを却下されたのだという。最近は映画などへの出演がご無沙汰になっているジャック・ホワイトだが、これまでのキャリアの中ではいくつかの作品に出演をしており、2007年に公開された映画『ウォーク・ハード ロックへの階段』では、空手チョップを見舞う支離滅裂な言動のエルヴィス・プレスリー役を演じている。

映画『ウォーク・ハード ロックへの階段』でのジャック・ホワイトの出演シーンはこちらから。

『アリー/スター誕生』は、現在までにイギリスで累計3,300万ポンド(約48億円)の興行収入を記録している。『アリー/スター誕生』は先月末、公開初週に648万ポンド(約9億5,000万円)の興行収入を記録した『ボヘミアン・ラプソディ』によって、週間興行成績の首位の座を奪われている。

フレディ・マーキュリー役を演じるラミ・マレックの演技が高い評価を集めているクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、それまで2週連続で首位を獲得していた『アリー/スター誕生』を上回って首位を獲得している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ